コミックナタリー

「ONE PIECE」ドラマ化、尾田栄一郎の条件は「ファンを絶対に裏切らない事」

1427

横澤夏子(中央左)、中野博之週刊少年ジャンプ編集長(中央右)と「ONE PIECE LIVE ATTRACTION」のキャスト。

横澤夏子(中央左)、中野博之週刊少年ジャンプ編集長(中央右)と「ONE PIECE LIVE ATTRACTION」のキャスト。

尾田栄一郎「ONE PIECE」の連載20周年を記念した記者発表会が、本日7月21日に東京・東京ワンピースタワーにて開催された。

週刊少年ジャンプ1997年34号(集英社)で連載がスタートした「ONE PIECE」。本日の発表会には中野博之週刊少年ジャンプ編集長と、昨日結婚を発表した女芸人の横澤夏子が参加した。イベントではまず「ONE PIECE」が明日7月22日で20周年を迎えることに併せ、7月22日が「ONE PIECEの日」として制定されることが明らかになり、日本記念日協会の代表理事・加瀬清志氏が中野編集長に登録証を贈呈。これを受け中野編集長は「日本だけでなく、世界中の読者に愛されている作品ですので、記念日という形に残るものができて本当にうれしく思っています」と述べる。「『ONE PIECEの日』を祝日にしてほしい」という横澤に、中野編集長は「来年は(結婚記念日と『ONE PIECEの日』を)一緒にお祝いしましょう」と呼びかけた。

その後集英社が刊行している雑誌28誌を「ONE PIECE」が表紙ジャックすることと、京都とのコラボによる「ONE PIECE 20th×KYOTO 京都麦わら道中記~もうひとつのワノ国~」が、10月7日から22日まで開催されることが明かされた。それぞれの詳細は随時告知されていく。

最後に中野編集長はハリウッドでの「ONE PIECE」実写ドラマ化プロジェクトがスタートしたことを発表。プロジェクトにはパートナーとして、「プリズン・ブレイク」などを手がけたプロデューサーのマーティ・アデルスタインが率いるTOMORROW STUDIOSが参加する。中野編集長はアデルスタインからの「本作品はテレビシリーズ史上、最も制作費が高い作品になると思います。そして世界中からの注目度を考えると、このような規模の制作費を投じるべき価値があると考えています」とのコメントを代読。また尾田は「まず『20年間作品を支えてくれているファンを絶対に裏切らない事。』これが僕からの条件です。不安の声もあがるでしょうがどうか期待の声をください」とメッセージを寄せた。

発表会後には中野編集長が囲み取材に応じ、「『ONE PIECE』が20年間愛され続ける要因は」という質問に対して、「ルフィをはじめとするキャラの魅力、尾田栄一郎先生の人柄と努力です」と答える。また尾田の印象を問われると、「ザ・少年マンガ家」とコメントしながら、「今の時代、マンガの読者は広がっているので、ともすれば色んな人たちにウケようとしてしまうんですが、尾田先生は揺るぎなく少年が楽しむためにマンガを描いている」とその理由を説明。「実写化についてほかに発表できる情報は」との質問には、「『これ以上は言えない』としか言えないです」と苦笑いしつつも、「実写化のオファーはずっといろいろな方向からあったんですが、なかなか最後までたどり着きませんでした。ただ我々のハードルを超えて企画が成立し、今回ついに発表できるところまで至ったので期待していてください」と呼びかけた。

「ONE PIECE」表紙ジャック雑誌一覧

UOMO、ウルトラジャンプ、eclat、Cookie、グランドジャンプ、ココハナ、最強ジャンプ、ザ マーガレット、ジャンプスクエア、週刊少年ジャンプ、週刊プレイボーイ、週刊ヤングジャンプ、SPUR、小説すばる、すばる、Seventeen、non-no、BAILA、Vジャンプ、別冊マーガレット、マーガレット、MAQUIA、Marisol、Myojo、MORE、月刊YOU、LEE、りぼん
※eclatのeはアキュート・アクセント付きが正式表記。

コミックナタリーをフォロー