コミックナタリー

「BLOOD-C」実写映画化、青野楓主演で戦前が舞台の新作ストーリーを展開

9914

CLAMPが原作に携わる「BLOOD-C」シリーズが「阿修羅少女~BLOOD-C異聞~」のタイトルで実写映画化されることが決定した。東京・テアトル新宿ほかにて、初秋に全国公開される予定だ。

「阿修羅少女~BLOOD-C異聞~」を監督するのは、舞台「BLOOD-C The LAST MIND」の演出を手がけた奥秀太郎。脚本はシリーズに第1作から携わる藤咲淳一が執筆する。完全書き下ろしの新作を謳い、チラシには「軍事政権下の戦前の日本 横暴を極める特高警察VS村人の 血で血を洗う戦いが始まる!」という予告が打たれた。

実写映画で主演を務めるのは、舞台「攻殻機動隊ARISE」で草薙素子役を演じた青野楓。そのほか共演者にも松村龍之介宮原華音古田新太手塚とおる田中要次八神蓮郷本直也滝川英治友常勇気南圭介など豪華キャストがラインナップされている。

阿修羅少女~BLOOD-C異聞~

2017年初秋テアトル新宿ほか全国公開

キャスト

青野楓松村龍之介古田新太宮原華音坂井真紀手塚とおる八神蓮田中要次水野美紀郷本直也滝川英治南圭介結城貴史友常勇気石渡真修、中山孟、時光陸、古波倉要、宮城紘大吉川麻美白柏寿大銀粉蝶

スタッフ

監督:奥秀太郎
原作:Production I.G・CLAMP
脚本:藤咲淳一
音楽:中尾憲太郎
撮影:与那覇政之
美術:中島義明
録音:白取貢
アクションコーディネーター:藤田けん
プロデューサー:奥村千之介

コミックナタリーをフォロー