コミックナタリー

ちばてつやの短編を野沢雅子主演でアニメ化、制作費の支援募集中

728

アニメ「風のように」ビジュアル。

アニメ「風のように」ビジュアル。

ちばてつやの短編マンガ「風のように」が、野沢雅子主演で劇場用アニメ化される。制作費の一部について支援者を募るプロジェクトが、クラウドファンディングサイト「FUNDIY」にて行われている。

「風のように」は週刊少女フレンド1969年25号(講談社)に掲載された作品。家族を失った養蜂家の少年・三平は旅先で倒れていた少女チヨと出会い、彼女の住む村で暮らすことになる。三平は村人が手を付けなかった荒れ地を開墾したのち、突然姿を消してしまうが、チヨはその帰りを待ち続けるという物語だ。

劇場アニメの制作を担当するのは、「フイチンさん」などを手がけたエクラアニマル。企画・絵コンテ・演出は「巨人の星」「ルパン三世」「ど根性ガエル」「おれは鉄兵」「ドラえもん」などで作画および作画監督を務めた本多敏行が担当する。公開は2016年5月以降に、東京・下北沢トリウッドで予定されている。

4月22日まで行われるクラウドファンディングの目標金額は200万円。1000円から出資することができ、支援者には金額に応じて原画やオリジナルグッズなどの特典が用意されている。また2万円以上出資すると先着で、ちばもゲストとして参加するアニメ完成披露トークショーに招待される。

ちばてつや コメント

「風のように」が、ついにアニメーションになるそうだ。
しかもあの名作「フイチンさん」を創ったエクラアニマル社の制作で。
「キャラ設定」や「絵コンテ」を見せて貰った。
三平やチヨ、カメ吉ら、子ども達の瞳がいきいきと輝いている。
せん婆ちゃんや、村人たち、駐在さんたちも、元気に動き回っている。
蜂たちも群れをなして、大空を飛びまわっている。
完成が楽しみだなぁ。
待ち遠しいなぁ。
早く完成しないと、死んじゃうぞ。

本多敏行(企画・絵コンテ・演出) コメント

『風のように』は、かつての日本の村落共同体のような、他人を思いやる社会、人間が手を付けない自然、そういうものが見事に描き出されている。若い人や子供たちにとっては、まるでタイムマシンで時代を遡ったように見えるかもしれないが、彼らの親や祖父母の世代ではどこにでも見られた光景であり、日本人が自らの遺伝子の中に刻み込んできた歴史でもある。
生きる環境が今より貧しかった時代、いたるところに「子どもたちの遊び場」はあった。子供には子供社会があり、遊び道具は自分たちで工夫して作り、年齢差を超えて子どもたちの社会を構成していた。大人社会の理屈と都合で子どもから遊び場を奪ってしまった社会の在り方を変えて、再び子供社会の遊び場を取り戻し、豊かな想像力や判断力を養い、正しいことを実行できる力を身につけた大人に成長するよう手助けしたいと思う。

野口征恒(作画監督) コメント

憧れのちば先生の作品に関われて本当に光栄です。機会を与えて下さったエクラアニマルさんには本当に感謝です。燃えかすの残らないように完全燃焼目指して頑張りたいと思います。

アニメーション「風のように」

スタッフ

原作:ちばてつや
企画:本多敏行
脚本:比戸野智恵
絵コンテ・演出:本多敏行
作画監督:野口征恒
プロデューサー:豊永ひとみ
制作:エクラアニマル

キャスト

三平:野沢雅子
チヨ:福原美波
カメ吉:武田華
おせん:鈴木れい子
ナレーション:柳沢三千代

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞