コミックナタリー

ライチ☆光クラブが集合!間宮祥太朗「初ラブシーンが古川くんでうれしい」

4791

上段左より岡山天音、柾木玲弥、戸塚純貴、藤原季節。下段左より池田純矢、古川雄輝、野村周平、間宮祥太朗、松田凌。

上段左より岡山天音、柾木玲弥、戸塚純貴、藤原季節。下段左より池田純矢、古川雄輝、野村周平、間宮祥太朗、松田凌。

古屋兎丸原作による映画「ライチ☆光クラブ」の公開収録イベントとミニ会見が、本日1月11日、東京・Ameba FRESH! Studioにて行われた。

公開収録イベントにはタミヤ役の野村周平、ゼラ役の古川雄輝、ジャイボ役の間宮祥太朗、ニコ役の池田純矢、雷蔵役の松田凌、デンタク役の戸塚純貴、ダフ役の柾木玲弥、カネダ役の藤原季節、ヤコブ役の岡山天音内藤瑛亮監督が出席。戸塚の快活な司会のもと、それぞれ30秒の時間制限の中、自身が演じたキャラクターを紹介していく。トップバッターの野村はなぜかカメラを見つめてなかなか話し始めず、「タミヤは正義感ある少年で……」と限られた要素しか伝えられずじまい。その後も柾木は役ではなく自身のプロフィールを話すのみだったり、無茶ぶりされ自分の役割を説明する内藤監督に「カワイイ!」と声が上がったりと、和気あいあいとした空気の中進んでいった。

続いて場面写真を見ながら、映画の注目ポイントをプレゼンしていく。カネダが倒れている1シーンについては藤原が「原作とちょっと違うんです。どうしてこうなったのかを確かめてほしい」と説明。そしてゼラとジャイボの絡む場面を目撃してしまうニコについて、「ここは一番NGを出しました」と池田は苦労を語る。

「ライチ☆密告クラブ」と題したコーナーでは、岡山が「ことあるごとにラップを披露しようとする」と柾木の素顔を暴露し、柾木が即興でラップを披露する一幕も。また泊まり込みの際には間宮の部屋に共演者たちが集まり「2つのベッドに5~6人で寝て、部屋を汚していくので困った」という秘話も明らかにされた。さらに藤原は「野村くんと間宮くんがイタズラ大好きで。僕が古川くんに嫌われてるって言われて、3日間信じてたんです」と訴える。最後には内藤監督が「この仲の良い9人が血まみれグチョグチョになるので、見てください!」と映画をアピールした。

その後行われた会見にはキャスト9名が姿を見せた。野村は役作りについて「周りが面白すぎて(笑)。みんな好き勝手やるんですよ、現場でも。僕は唯一見守ってる役という感じで、羨ましい気持ちもありました」と語り、古川は「ずっと悪役を演じてみたかったので、オーディションで受かったときはうれしかった。楽しくやれました」と満足げに語る。間宮は「心の中でゼラをどれだけ愛せるかっていうことを考えていました。俳優を始めて初のラブシーンの相手が、古川くんでよかったなって思います(笑)。古川くんとはあまり近くにいないほうがいいのかなと思って、本番での密会を楽しみに、あまり休憩時間も会話をしないようにしてました」と役作りの工夫を語った。

特殊メイクのため、ほかのキャストより2時間も早く毎日現場入りしていたという池田。「ずっと片目を閉じている状態なので、距離感がわからなくて、ご飯が食べられないんですよ。ラーメンをほっぺに持っていっちゃったり」と苦労を語るが、野村に「本当に?」と疑いの声を向けられてしまっていた。松田は「キャストやスタッフさんに抱かれたいって思われたくて。不安だったんですが、やっぱりかわいいとか、声を掛けてもらえることが僕にとっての合格点だったので。撮影前には半身浴をしたり。そういう部分が映画に出ていたらいいな」と、女子力の高い役への努力を口にした。戸塚は「制作費の半分僕が払ったり……」と冗談まじりに語り、現場でのムードメーカーっぷりをうかがわせる。

柾木は「一歩現場に入ったらライチの世界観でした。世界を作ってしまうんだな、映画っていうのは、と。いろいろと勉強させていただきました」とフレッシュな感想を語るが、周りにリクエストされなぜかラップを披露する流れに。ところがリズムに乗りきれず、「勉強と便所で踏もうと思ったんですけど……」と苦笑いだった。藤原は「最初にみんなで撮ったのが、光クラブの10か条を言うシーンだったんですけど、全員で10か条を言ったときに身体に電撃が走って。古川さん演じるゼラのオーラが僕の中で完璧でした」と説明するも、先ほどの公開収録での流れを受けて野村に「えっ(古川に)嫌われてたんだろ?」と言われ、古川にも「嫌いだよ?」と宣言されてしまい、ショックを受けていた。

そしてそれぞれに今年の抱負を書き初めで発表。岡山は「無駄遣」、藤原は「漢気」 柾木は「中央線」、戸塚は「普通」、松田は「余裕」、古川は「ステップアップ」、野村は「元気」と書いた。昨年乗馬ライセンスを取得したという池田は「ギャロップ」と堂々と記し、野村が「表参道を馬で走ろうよ」と無茶ぶりをする場面も。間宮は映画「ライチ」のヒットを願って「初日の出」という書を掲げてみせた。

最後にキャストたちが成人の日にちなみ、新成人たちへエールを送る。間宮は「今年23になるので、僕の同年代は今年新社会人。改めて社会人としてちゃんとしよう、と僕も思っているんですけれども、同世代を大切にしてほしいって言うのが僕の中にありまして。今日成人式で会った人たちが、同じ時代を生きる人だと思ってもらえたら」とひと言。古川は「20歳になると責任が出てくると思うんですが、しっかり目標を持って、20歳を過ごしてください」、野村は「20歳を過ぎて、顔つきも体つきも変わってくると思うので、カッコいい生き方をしてほしい。自分の生き方を見つめ直してほしいなと思います」と語った。

最後に、映画について野村が「この先、僕たちみんなが俳優の世界を担っていかなきゃいけない9人が集まったなと思いますので、この作品自体も、あまりなかった映画かなと思うところもあります。次の世代を見るような気持ちで、映画を観ていただけたたら」と見どころを語り、イベントの幕は閉じた。映画「ライチ☆光クラブ」は、2月13日に公開。

(c)2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会

コミックナタリーをフォロー