コミックナタリー

西島大介、ジオラマ代表にMdNでインタビュー

66

西島大介のインタビューが、本日10月6日に発売されたデザイン誌・月刊MdN11月号(エムディエヌコーポレーション)に掲載されている。

MdN11月号は「33組のクリエイター、33の新しさ」と題して、クリエイター33名のインタビューを掲載。西島は音楽、映像、映画の脚本などマルチな才能を発揮している中で、マンガを表現の軸とする理由を説明している。近年の代表作「すべてがちょっとずつ優しい世界」を描いてからの心境の変化も述べた。

また同特集には、自主制作マンガ誌「ユースカ」を発行するレーベル・ジオラマブックスの森敬太も登場。本業がデザイナーだからこそできる表現や、WEBでの発表が容易な時代において紙でマンガ誌を作る意味、音楽やマンガなどカルチャーを横断する心構えを語っている。

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞