コミックナタリー

月刊少年マガジンプラス休刊、新マンガ誌が年内誕生

136

月刊少年マガジンプラス(講談社)が、本日2月20日に発売された08号をもって休刊すると発表された。また夏から秋の間に、新しい少年マンガ誌が誕生する。

月刊少年マガジンプラスは2011年10月に創刊され、4カ月に1冊にペースで刊行されてきた。神堂潤「redEyes」と、広井王子原作による政一九「サクラ大戦漫画版第二部」は単行本描き下ろしという形で継続。加藤元浩「Q.E.D. ―証明終了―」の連載も継続される予定だが、まだ発表媒体は発表されていない。続報は月刊少年マガジン(講談社)にて告知されていく予定だ。

コミックナタリーをフォロー

  • >読者アンケート実施中
  • コミックナタリー大賞