スカパラ平城京遷都1300年ライブで新曲を初披露

47

昨日10月11日、東京スカパラダイスオーケストラが奈良・平城京跡大極殿にてワンマンライブ「平城京ダンステリア 踊るスカパラ大御殿!」を開催した。

谷中は「1300年の歴史の中で今日が一番盛り上がった!」と、会場の盛り上がり具合に大満足。

谷中は「1300年の歴史の中で今日が一番盛り上がった!」と、会場の盛り上がり具合に大満足。

大きなサイズで見る(全2件)

ライトアップされた平城京跡を舞台に繰り広げられたライブの様子。

ライトアップされた平城京跡を舞台に繰り広げられたライブの様子。

大きなサイズで見る(全2件)

このライブは平城京遷都1300年を記念して行われたもの。会場には約5000人の観客が集まり、強力なパフォーマンスに酔いしれた。MCでは谷中敦(B.Sax)が「ここの場所は海外からの文化が初めて日本に入ってきた場所なんだ! 俺たちもヨーロッパツアーに行っていたんでヨーロッパの風を届けたい! 風を感じてくれ! そして戦うように楽しんでくれ!!」と叫び、会場をさらに盛り上げた。

ライブの中では10月27日リリースの新作ミニアルバム「Goldfingers」に収録される、上原ひろみとのコラボレーション曲「水琴窟」を初披露。今回はスカパラ単独でのパフォーマンスとなったが、彼らならではのグルーヴで場内を圧倒した。

スカパラは11月1日より全国ツアー「WORLD SKA SYMPHONY TOUR」を開催。今回の平城京ライブに参加できなかったファンは、こちらで新曲を聴くのを楽しみにしておこう。

この記事の画像(全2件)

東京スカパラダイスオーケストラのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 東京スカパラダイスオーケストラ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。