DISH//北村匠海20歳の生誕ライブ、明日への希望を「サヨナラCOLOR」に乗せて

2379

DISH//北村匠海(Vo, G)が本日11月4日に東京・SOUND MUSEUM VISIONにて生誕イベント「北村匠海 20th Birthday Live -ハタチワタシ-」を開催した。

北村匠海(DISH//)

北村匠海(DISH//)

大きなサイズで見る(全10件)

前日の11月3日に20歳の誕生日を迎えた匠海。彼の成人をお祝いしようと、会場には満員のスラッシャー(DISH//ファンの呼称)が駆けつけた。昼の部と夜の部が行われたこの公演のうち、この記事では昼の部の様子をレポートする。

北村匠海(DISH//)

北村匠海(DISH//)[拡大]

オープニングSEとして「GRAND HAPPY」が会場に流れると、ステージにはグレーのチェック柄のスーツにコンバースのスニーカーを履いた匠海が姿を見せる。スラッシャーは「匠海が匠海が大好きだ!」と「GRAND HAPPY」曲中のコールで彼を祝福し、匠海はこれに「ハタチになっちゃいました」とはにかんだ。

イベントをスタートさせた彼は、まず初めに誕生日当日の過ごし方を振り返る。11月3日になった瞬間は俳優仲間の佐藤寛太、佐野岳と共に迎えたといい、「寛太の家で12時の時報が鳴った瞬間立ち上がる、っていうね(笑)」とファンに伝えた。また昨日はDISH//メンバーの矢部昌暉(Cho, G)、小林龍二(B, Rap)と一緒にいたそうで「龍二とは一緒にお酒飲みましたよ。小3のときから知ってるからなんだか不思議な感じだったけれど。あと僕はお酒飲むと楽しくなるみたい」と明かした。

カクテルを一口飲む北村匠海(DISH//)。

カクテルを一口飲む北村匠海(DISH//)。[拡大]

ここで舞台上に設けられたバーカウンターにはバーテンダーが登場し、匠海のために彼のイメージカラーである青色のカクテルを作り上げる。匠海はグラスを受け取ると「酔っぱらったらゴメンね」と言ってファンと乾杯。一口飲んで「うまい……甘い! うま甘い!」と感想を口にした。ここからは、弾き語りのライブコーナーへ。匠海はこの日のために用意した1曲1曲への思い入れを丁寧に説明しながら歌声を届けていく。1曲目に選んだかりゆし58「アンマー」は彼の両親のために選んだナンバーで、匠海は「大きな反抗期はなかったと思うけど、一度母を『アンタ』って言っちゃったことがあって。ダメな息子だったなあと。だから今後仕事をがんばって、僕を誇りに思ってもらえるように……」と思いを吐露した。

また、ライブ中にはサプライズで彼の弟から贈られた手紙が読み上げられる場面も。「“タク”のことは憧れだし尊敬しているし、本当に自慢のお兄ちゃんです。最近は家でもあまり会えないけど、たまには相手してね。前“柊生推し”だって言ったけど、本当の推しはお兄ちゃんかな」とつづられた手紙を読んだ匠海は「……(涙腺が)危なかったですね」と照れ笑いし「弟は僕にはないものを持っていて、僕からしてみたら本当にできた弟。これからもどんどん大きくなってもらえたらいいな」と喜びをかみしめていた。

北村匠海(DISH//)

北村匠海(DISH//)[拡大]

高校2年生のときに聴き始め、「『音楽ってすごいな』って思わせてくれたバンドの1つ」というandymoriの「16」、「僕は東京生まれ東京育ちだけど、上京してきた人たちへ」という言葉とともに届けられた竹原ピストル「東京一年生」と、その後も自身のお気に入りのナンバーを丁寧に歌い紡いでいく匠海。RADWIMPS「セプテンバーさん」の披露前には、「やっとRADWIMPSを歌うときが来ました」と口を開くと「『携帯電話』のミュージックビデオに出たときに野田(洋次郎)さんにお会いして、ひと言言葉をもらったのを今でも覚えてます。RADWIMPSさんは僕が音楽を好きになるきっかけになったバンドです」と、バンドへの思い入れと20歳の生誕イベントでこの曲を歌う意味を伝える。彼の思いのこもった熱い歌声に、観客はじっくりと耳を傾けていた。

イベントも終盤に差し掛かり、「楽しい時間もあと少し……」とつぶやいた匠海は「僕も人間なんで、思い悩むことも多くて。この間『OVER DRIVE』の撮影で北九州に行ったときにもいろんなことを考えていたんだけど、この曲から明日への活力をもらったような気がします。この曲は、僕にとっては“明日への歌”です」と曲の説明をする。この言葉ののちに彼が披露したのはSUPER BUTTER DOGの「サヨナラCOLOR」。匠海は優しくギターをつま弾きながら、柔らかな声で未来への希望を歌い上げた。

北村匠海(DISH//)

北村匠海(DISH//)[拡大]

彼らしい静かで穏やかな空気感に包まれた20歳の生誕ライブは、ハナレグミ「家族の風景」でフィナーレへ。昨年の生誕ライブでもこの曲を歌った匠海は「毎年歌おうかなと思って。やっぱり親への感謝をね。母はお腹を痛めて僕を産んでくれたわけですし、普段は言えないことを歌に乗せて届けようかなと思います」と、改めて家族への感謝を形にした。終演後にライブの手応えを聞くと、彼は「本当に私利私欲のための時間で(笑)、歌いたい歌だけを歌ったけれど、皆さん楽しんでくれたようでよかったです」とコメント。リーダーとしてグループを引っ張るDISH//の今後については「DISH//も大人になっていくべきだと思います。自分が理想としているものと現実にギャップを感じたらどんどん改善していきたいし、バンドとしていい歌を届けていきたい」と意欲を見せる。さらに「DISH//の作品のジャケットのセルフプロデュースとか、MV制作もやってみたい。音楽以外の場面でも、自分ができることをバンドに落とし込んでいきたいですね」と個人的な願望も明かし、大きな瞳を輝かせていた。

北村匠海(DISH//)「北村匠海 20th Birthday Live -ハタチワタシ-」
2017年11月4日 SOUND MUSEUM VISION 第1部 セットリスト

01. アンマー(かりゆし58)
02. 恋人ができたんだ(My Hair is Bad)
03. 16(andymori)
04. 東京一年生(竹原ピストル)
05. セプテンバーさん(RADWIMPS)
06. サヨナラCOLOR(SUPER BUTTER DOG)
07. 家族の風景(ハナレグミ)
※カッコ内はオリジナルアーティスト

この記事の画像(全10件)

DISH//のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 DISH// / 北村匠海 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。