カンヌでクィアパルム賞、マララ・ユスフザイらが支援したパキスタン映画公開

3

77

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 15 33
  • 29 シェア

第75回カンヌ国際映画祭で、ある視点部門審査員賞とクィアパルム賞を受賞したパキスタン映画「Joyland」が「ジョイランド わたしの願い」の邦題で10月18日に公開されるとわかった。

「ジョイランド わたしの願い」場面写真

「ジョイランド わたしの願い」場面写真

大きなサイズで見る(全3件)

「ジョイランド わたしの願い」場面写真

「ジョイランド わたしの願い」場面写真[拡大]

パキスタンで2番目の大都市である古都ラホールを舞台とした本作。保守的な中流家庭ラナ家の次男ハイダルは失業中で、メイクアップアーティストの妻ムムターズが家計を支えていた。ある日ハイダルが就職先として紹介されたダンスシアターで、トランスジェンダー女性ビバと出会い惹かれたことから日常に波紋が広がっていく。サーイム・サーディクが長編監督デビューを果たし、アリ・ジュネージョー、ラスティ・ファルーク、アリーナ・ハーンらが出演した。

「ジョイランド わたしの願い」場面写真

「ジョイランド わたしの願い」場面写真[拡大]

本国パキスタンでは、少数の保守系団体による「LGBTQ+や、彼らとの恋愛を美化して描いた」との指摘から「社会的価値観や道徳基準にそぐわない非常に不快な内容が含まれており、“品位と道徳”の規範に明らかに反する」と反発を受け、公開1週間前に上映禁止命令が出されるという事態に見舞われた。しかし監督・出演者らの抗議活動、ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイや俳優のリズ・アーメッドらによる支援の声によって撤回。逆境を乗り越えた上映実現に注目が集まった。

「ジョイランド わたしの願い」は東京・新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開される。

この記事の画像(全3件)

(c)2022 Joyland LLC

読者の反応

  • 3

セクマイ(LGBTAPXDQQs)🏳️‍🌈🏳️‍⚧️トピックス @se_minority

カンヌでクィアパルム賞、マララ・ユスフザイらが支援したパキスタン映画公開 - 映画ナタリー https://t.co/OCrDWlBc04

コメントを読む(3件)

マララ・ユスフザイの映画作品

リンク

あなたにおすすめの記事

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 マララ・ユスフザイ / リズ・アーメッド の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。