「映画クレしん」川栄李奈「もっとしんちゃんを好きになる」、ハライチは漫才を披露

2

121

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 29 90
  • 2 シェア

映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」の公開記念舞台挨拶が本日4月23日に東京・TOHOシネマズ 日比谷で行われ、ゲスト声優を務めた川栄李奈ハライチ岩井勇気澤部佑、キャストの小林由美子、監督の橋本昌和が出席した。

「映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」公開記念舞台挨拶の様子。

「映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」公開記念舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全14件)

本作は、野原しんのすけの誕生に隠された真実が描かれる劇場版第30弾。川栄がしんのすけの本当の母親を名乗る屁祖隠(へそがくれ)ちよめ、岩井と澤部がカスカベ花火大会の前説芸人として本人役で参加した。

川栄李奈

川栄李奈[拡大]

川栄は、連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で3世代のヒロインの1人を演じていたことにちなんで、しんのすけから子供からおばあちゃんまで楽しめる本作の見どころを尋ねられる。彼女が「いろんなしんちゃんの一面が見られて母性本能をくすぐられます。子供から見たら面白いし、かっこいい。さまざまな世代の人が、もっとしんちゃんを好きになる映画だと思います」と答えると、しんのすけは「結婚式はいつにしますか!?」と大喜びの様子だった。

漫才を披露するハライチ。

漫才を披露するハライチ。[拡大]

イベントではハライチが、本作のために書き下ろしたオリジナル漫才を披露。川栄は「まさか映画で見たネタを生で見られると思わなかった。本当に面白かったです!」と笑顔を見せる。澤部は「なかなか映画館で漫才をする機会はないので楽しかったです」と話した。続いて、ゴールデンウィークの家族との思い出をキャストがフリップで発表するコーナーも。川栄は「BBQ」と書き、「小学校の頃は、父が釣りが好きなのでバーベキューをするのがお決まりでした」と明かした。

小林由美子

小林由美子[拡大]

ここで、しんのすけに声を当てた小林が登壇。小林は「30年分の“変わっていくもの、変わらないもの”がぎゅっと詰まった30作品目にふさわしい一作だと思います。めちゃくちゃ感動しました」と作品の魅力をアピールする。川栄の演技に対しては「本当に素晴らしくて、いろいろと勉強になりました」と絶賛した。橋本が「(ゲスト声優の)お三方とも、自然で画面になじむ演技をしていただいた」と称賛すると、岩井は「澤部さんは『間を埋める笑いを足して』というオーダーに応えて、『なかなかできないですよ』と褒められてましたね」と振り返る。

左から野原しんのすけ、川栄李奈。

左から野原しんのすけ、川栄李奈。[拡大]

最後に小林は「皆さんあっての30周年だと思います。このあと40周年、50周年、60周年、親子3代、4代で楽しんでいただけるしんちゃんを目指していきたいです。これからもしんのすけをよろしくお願いします!」と呼びかけてイベントを締めた。

「映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」は全国で公開中。

関連する特集・インタビュー

この記事の画像・動画(全14件)

(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2022

読者の反応

  • 2

空き箱 @akiba_ko

【イベントレポート】「映画クレしん」川栄李奈「もっとしんちゃんを好きになる」、ハライチは漫才を披露(写真12枚) https://t.co/hUUuVfmDVj

コメントを読む(2件)

関連記事

小林由美子のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝 / 小林由美子 / 川栄李奈 / ハライチ / 岩井勇気 / 澤部佑 / 橋本昌和 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。