ヨアキム・トリアー新作の邦題が「わたしは最悪。」に決定、新場面写真3点到着

5

21

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 4 13
  • 4 シェア

第94回アカデミー賞の脚本賞、国際長編映画賞にノミネートされている「The Worst Person in the World」の邦題が「わたしは最悪。」に決定。新たな場面写真3点が到着した。

「わたしは最悪。」新場面写真

「わたしは最悪。」新場面写真

大きなサイズで見る(全4件)

「わたしは最悪。」新場面写真

「わたしは最悪。」新場面写真[拡大]

「テルマ」のヨアキム・トリアーが監督を務めた本作の主人公は、30歳という節目を迎えたものの、人生の方向性が定まらないユリヤ。グラフィックノベル作家として成功した歳上の恋人・アクセルはしきりに身を固めたがっているが、彼女は気乗りしない。ある夜、招待されていないパーティに紛れ込み、若くて魅力的な男性アイヴィンと出会ったユリヤは、新しい恋愛に身を投じていく。

「わたしは最悪。」新場面写真

「わたしは最悪。」新場面写真[拡大]

ユリヤを演じたのは本作の演技が高く評価され、第74回カンヌ国際映画祭で女優賞を獲得したレナーテ・レインスヴェ。場面写真には湖畔で佇むユリヤの姿などが収められた。

トリアーはレインスヴェについて「この映画を作るきっかけは、レナーテだった。彼女の舞台での演技に魅了され、主演を務めたことのなかった彼女のために脚本を書いた。主人公のキャラクター造形、複雑な心境を作っていくうえで、彼女に助けられたことがたくさんある。人間ドラマ、コメディなど巧みに演じられる素晴らしい才能を持っている、今一番の女優だと思う」と絶賛している。

「わたしは最悪。」は7月1日より東京のBunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国で順次公開。

この記事の画像(全4件)

(c)2021 OSLO PICTURES - MK PRODUCTIONS - FILM I VÄST - SNOWGLOBE - B-Reel – ARTE FRANCE CINEMA

読者の反応

  • 5

背徳の巨星 @Lal_Meshi

第94回アカデミー賞の脚本賞、国際長編映画賞にノミネートされている「The Worst Person in the World」の邦題が「わたしは最悪。」に決定。新たな場面写真3点が到着した。 / https://t.co/UcGfiwlUEa / ヨアキム・トリアー新作の邦題が「わたしは最悪。」に決定、新場面写真3点到着 - 映画ナタリー https://t.co/u2uTxrTBm3

コメントを読む(5件)

あなたにおすすめの記事

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 わたしは最悪。 / ヨアキム・トリアー / レナーテ・レインスヴェ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。