「バイオハザード」トム・ホッパーが“ウェスカー”語る、隠し扉やピアノシーン登場

1

33

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 10 22
  • 1 シェア

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」より、アルバート・ウェスカーを演じたトム・ホッパーのインタビュー映像が到着した。

「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」より、トム・ホッパー演じるアルバート・ウェスカー(右)。

「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」より、トム・ホッパー演じるアルバート・ウェスカー(右)。

大きなサイズで見る(全7件)

「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」日本版ポスタービジュアル

「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」日本版ポスタービジュアル[拡大]

ゲーム「バイオハザード」シリーズの原点を描く本作は、秘密裏に人体実験を行っていた巨大複合企業アンブレラ社の拠点があるラクーンシティを舞台にしたホラーだ。この街の孤児院で育った主人公クレア・レッドフィールドは刑事の兄クリスとともに、変わり果てた住民たちの姿を目撃する。「メイズ・ランナー」シリーズで知られるカヤ・スコデラーリオがクレアを演じ、監督と脚本を「海底47m」のヨハネス・ロバーツが担当した。

YouTubeで公開されたインタビュー映像で、「ウェスカーは主要な悪役の1人だ」と話すホッパー。ゲームにも登場するウェスカーは、冷静沈着でラクーン市警(R.P.D.)でも一目置かれている人物だが、ホッパーは「本作では意図的に好感の持てる人物にした。ウェスカーは、本性を隠しているんだ。悪役ウェスカーの始まりの物語でもある」と明かす。

ホッパーが「ゲームがそのまま映画になった感じだよ」と述べているように、映像の一部にはヘリコプター、洋館、隠し扉、ピアノシーンなど、ゲームに登場する要素が収められた。映像内でロバーツは、ウェスカーについて「徐々に本性を現していき、おなじみのウェスカーになる」と話している。

「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」は1月28日より全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全7件)

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

「バイオハザード」トム・ホッパーが“ウェスカー”語る、隠し扉やピアノシーン登場(動画あり)
https://t.co/HRGf4TCTmR

#バイオハザード #アルバート・ウェスカー #トム・ホッパー https://t.co/C0iS4L3okh

コメントを読む(1件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

トム・ホッパーのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ / トム・ホッパー / ヨハネス・ロバーツ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。