高所恐怖症の山田涼介、地上350mで「前だけ向いて楽しみたい」土屋太鳳は笑顔に

1800

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 405 1394
  • 1 シェア

大怪獣のあとしまつ」のイベントが本日1月24日に東京・東京スカイツリー(R)で行われ、キャストの山田涼介Hey! Say! JUMP)と土屋太鳳が登壇した。

左から山田涼介、土屋太鳳。

左から山田涼介、土屋太鳳。

大きなサイズで見る(全11件)

本作は、大怪獣の死体処理に奔走する人々の姿が描かれる空想特撮エンタテインメント。山田が主人公の帯刀アラタ、土屋がかつてアラタと同僚だった環境大臣秘書・雨音ユキノを演じた。

高所恐怖症のため、頑なに窓の外を見ない山田涼介。

高所恐怖症のため、頑なに窓の外を見ない山田涼介。[拡大]

このイベントは、高さ350mの天望デッキで行われた。高所恐怖症の山田は、東京の街並みを背に「前だけを向いて楽しんで行きたい」と挨拶し、景色を見ないのかと問われると「カメラは前にしかないので。皆さん、山田涼介です! よろしくお願いします」と報道陣のカメラ1台1台にほほえみかける。高いところが得意でよく東京スカイツリーを訪れるという土屋は「この作品の役作りで来ればよかった!」と笑顔を見せた。

土屋太鳳

土屋太鳳[拡大]

「理想のヒーロー、ヒロイン像は?」との質問に、山田はしばし考えたあと父親を選んで「理想的な歳の取り方をしていて、こういう男になりたいと思うことが多い」と答える。土屋は「今すごく闘ってくださっている医療従事者や研究者の方々。特撮作品の中の、あきらめずに生きていくヒーローやヒロインにも憧れます」と目を輝かせた。

謎解きに挑戦する土屋太鳳。

謎解きに挑戦する土屋太鳳。[拡大]

点灯スイッチを押す山田涼介。

点灯スイッチを押す山田涼介。[拡大]

続いて東京スカイツリーを大怪獣カラーに点灯させられる権利を懸けて、謎解きクイズが行われた。2人は「何色なんだろう?」「全力でがんばりましょう!」と声を弾ませる。そして制限時間を少し過ぎながらも、無事にミッションをクリア。緑と赤にライトアップされた東京スカイツリーを見て「すごーい!」「きれい!」「こんなに細部まで色を変えられるんですね」と喜び合った。

三木聡監督作「大怪獣のあとしまつ」は2月4日より全国でロードショー。

この記事の画像(全11件)

(c)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

関連記事

山田涼介のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 大怪獣のあとしまつ / 山田涼介 / Hey! Say! JUMP / 土屋太鳳 / 三木聡 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。