「ゴーストバスターズ」監督が制作の決意語る「ハロルド・ライミスに捧げる物語を」

1

230

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 54 162
  • 14 シェア

ジェイソン・ライトマンが「ゴーストバスターズ/アフターライフ」の制作を決意した理由を明かした。

「ゴーストバスターズ/アフターライフ」

「ゴーストバスターズ/アフターライフ」

大きなサイズで見る(全7件)

「ゴーストバスターズ/アフターライフ」ポスタービジュアル

「ゴーストバスターズ/アフターライフ」ポスタービジュアル[拡大]

ゴーストバスターズ(1984年)」「ゴーストバスターズ2」の続編にあたる本作では、かつてのゴーストバスターズの一員を祖父に持つフィービーが、田舎町に突如出現したゴーストたちに立ち向かうさまが描かれる。マッケナ・グレイス、ポール・ラッド、フィン・ヴォルフハルト、キャリー・クーン、ローガン・キム、セレステ・オコナーがキャストに名を連ね、前作を手がけたアイヴァン・ライトマンの息子ジェイソンが監督を務めた。

「ゴーストバスターズ2」より、ハロルド・ライミスが演じたイゴン・スペングラー博士。

「ゴーストバスターズ2」より、ハロルド・ライミスが演じたイゴン・スペングラー博士。[拡大]

続編を制作することに大きなプレッシャーを感じていたジェイソンは、元祖ゴーストバスターズの1人であるイゴン・スペングラー博士を演じたハロルド・ライミスの訃報を耳にして「絶対に制作しなければならない」と決意を固めたという。構想に約10年を費やしたジェイソンは、「父は僕に続編を撮ってほしいとずっと思っていたみたいだけど、父やゴーストバスターズのキャストたちの存在が大きすぎて、このシリーズを自分が描くならどうするべきなんだろうとずっと考えていたんだ」と語る。

「ゴーストバスターズ/アフターライフ」

「ゴーストバスターズ/アフターライフ」[拡大]

また「ライミスが亡くなったとき、僕が続編を作らなければならないと感じたんだ。彼に捧げる家族の物語をね」と述べ、「突然ある少女が頭の中に浮かんだんだ。誰だかわからないこの少女が偶然プロトンパックを見つけ、ゴーストバスターズのレガシーを受け継ぐというアイデアから目を逸らせなくなっていた。そして、彼女はスペングラー博士の孫で、僕がずっと描きたかったのは、彼女とスペングラー博士のつながりを描く家族の物語だったんだと気付いたんだよ」とストーリーの誕生秘話を明かした。

「ゴーストバスターズ/アフターライフ」は2月4日より全国ロードショー。

この記事の画像・動画(全7件)

読者の反応

  • 1

Hacra兼ぼち粉兼ホメ春香合作係【アドセンスクリックお願いします】 @Hacra_BBP

「ゴーストバスターズ」監督が制作の決意語る「ハロルド・ライミスに捧げる物語を」 - 映画ナタリー https://t.co/s25hoAUepW

ああ、やっぱり正しくファミリー映画だったのね( ´∀`)

コメントを読む(1件)

関連記事

ジェイソン・ライトマンのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ゴーストバスターズ/アフターライフ / ゴーストバスターズ(1984年) / ゴーストバスターズ2 / ジェイソン・ライトマン / アイヴァン・ライトマン / ハロルド・ライミス の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。