上白石萌音ら「ディア・エヴァン・ハンセン」の魅力アピール、舞台裏映像も

418

ミュージカル映画「ディア・エヴァン・ハンセン」に上白石萌音東啓介松浦司石川新太ら俳優など著名人が絶賛コメントを寄せた。

「ディア・エヴァン・ハンセン」

「ディア・エヴァン・ハンセン」

大きなサイズで見る(全11件)

「ディア・エヴァン・ハンセン」

「ディア・エヴァン・ハンセン」[拡大]

トニー賞で作品賞などに輝いたブロードウェイミュージカルを、「ワンダー 君は太陽」のスティーヴン・チョボスキーが映画化した本作。孤独な高校生活を送る主人公エヴァン・ハンセンが、1通の手紙と思いやりでついた嘘がきっかけで自分を見つめ直すさまが描かれる。

「ディア・エヴァン・ハンセン」

「ディア・エヴァン・ハンセン」[拡大]

俳優以外に歌手としても活動し、ミュージカルの出演も控える上白石は「舞台版のオリジナルキャストによるエヴァンの深みとリアリティがとにかく圧巻。消し去れない傷とどう向き合っていくのか、ここにそのヒントがありました」と本作の魅力をアピール。数多くのミュージカルに出演している東は「僕の大好きな作品。いつか僕も出演したい作品。とにかく、とにかく涙が止まりませんでした」と感想をつづった。全員分のコメントは下記に掲載している。

あわせてYouTubeで特別映像が解禁に。エヴァンと彼の同級生コナー、ジャレッドが楽曲「シンシアリー・ミー」を歌う場面の裏側や、キャストの和気あいあいとした雰囲気が収められている。映像には主演のベン・プラットをはじめ、ジャレッド役のニック・ドダーニ、コナー役のコルトン・ライアン、さらにケイトリン・デヴァーアマンドラ・ステンバーグらが登場する。

「ディア・エヴァン・ハンセン」は11月26日より全国ロードショー。

上白石萌音(俳優、歌手)コメント

大評判の舞台の映画化を知り、「ブロードウェイに行かずとも観られる」と喜んでいましたが、
映画を観終わった今、「これは絶対に生でも観たい」と興奮しています。
舞台版のオリジナルキャストによるエヴァンの深みとリアリティがとにかく圧巻。
消し去れない傷とどう向き合っていくのか、ここにそのヒントがありました。

東啓介(俳優)コメント

僕の大好きな作品。いつか僕も出演したい作品。
とにかく、とにかく涙が止まりませんでした。
一つの手紙から始まるこの物語。
主人公の葛藤、不安、恐れ、全てに胸を打たれました。
映画館でしか味わえない、映像美、皆様も感じてください。

松浦司(俳優)コメント

きっと誰もが心の奥底で抱いている孤独。
閉ざされた扉に光の手を差し伸べられるように、その光を見失わないように。
決して1人ではないことを教えてくれる、美しくて痛切な、これまで観たことがないミュージカル映画です。

石川新太(俳優、ミュージシャン)コメント

映画ならではの息遣いまで伝わるような繊細な表現で
このDear Evan Hansenの楽曲の素晴らしさがより引き立っていると感じました。
皆様もぜひ映画館の素晴らしい音響でこの作品をお楽しみください!

LiLiCo(映画コメンテーター)コメント

自分なんて……と思っている人。
エヴァンと一緒に成長しよう。
観たらなにかが変わるよ。
明日から心の中が晴れるよ。
ときには優しい嘘も必要。
誰かを救える……そして自分をも。

よしひろまさみち(映画ライター)コメント

こんなに映画版向きの舞台劇ってある?ってくらいに圧倒。
一緒に口ずさみたくなるアレンジも振り付けもゴージャス!
人との距離を気にする現代人が抱えるお悩み、歌と踊りで代弁してくれます。

山崎まどか(コラムニスト)コメント

SNSでは饒舌な子どもたちも、
学校で居場所のない子どもたちも、
みんなエヴァン・ハンセンのように自分を“見つけてほしい”と願っている。
その切実な思いが歌になって流れ出す時の説得力ときたらない。

この記事の画像・動画(全11件)

関連記事

スティーヴン・チョボスキーのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ディア・エヴァン・ハンセン / スティーヴン・チョボスキー / 上白石萌音 / 東啓介 / 松浦司 / 石川新太 / LiLiCo / ベン・プラット / コルトン・ライアン / ニック・ドダーニ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。