「愛のまなざしを」仲村トオル、藤原大祐の成長に期待しサインもらう

2

182

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 35 139
  • 8 シェア

愛のまなざしを」の公開記念舞台挨拶が11月13日に東京・ユーロスペースで行われ、キャストの仲村トオル杉野希妃斎藤工中村ゆり藤原大祐、監督の万田邦敏が登壇した。

「愛のまなざしを」公開記念舞台挨拶の様子。

「愛のまなざしを」公開記念舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全9件)

仲村トオル

仲村トオル[拡大]

斎藤工

斎藤工[拡大]

本作では、精神科医の貴志と彼に愛を求める患者・綾子の姿が描かれる。仲村は、万田の監督作「UN LOVED」に出演した際のことを「今まで見たこともない世界にいる自分というのが、とてもうれしい経験だった」と懐かしみ、「なんの迷いもありませんでした」と今作のオファーを受けた際の思いを伝える。斎藤も「実は小学2年生のとき、生まれて初めてカメラの前に立ったのが万田さんの作品でした。(その経験が)自分の血となり肉となり、現在に至るのかなと思っています」と感慨深げに話し、デビュー当時に仲村の幼少期を演じたことがあると明かして、念願だったという共演を喜んだ。

杉野希妃

杉野希妃[拡大]

中村ゆり

中村ゆり[拡大]

綾子役を務めた杉野は「なかなか綾子を愛せなくて、自分が演じたあとも嫌だという感じが抜けなかった」とつぶやき、「認められたい、好きになってほしいという感情は、彼女にとっては生きる術だった、あれをしないと生きていけなかったのかなと思って、撮影してから2年で少しずつ消化していった気がします」と心境の変化に言及する。貴志の死んだ妻に扮した中村は「何をヒントにやればいいのかと思ったんですが、監督にプランがあったので、私は言うことを聞いて動きました」と撮影時を振り返った。

藤原大祐

藤原大祐[拡大]

これが映画デビュー作の藤原は「初めてのオーディションでつかみ取った役」と思い入れたっぷりにコメント。なお仲村は藤原にサインをもらったそうで、その理由を「将来価値が出ると思って」と答えて観客を笑わせた。

「愛のまなざしを」は全国の劇場で上映中。

この記事の画像・動画(全9件)

(c)Love Mooning Film Partners

読者の反応

  • 2

市橋浩治・ENBU・ドローンアカデミー @koji184

確かに藤原さん売れそうです!
「愛のまなざしを」仲村トオル、藤原大祐の成長に期待しサインもらう https://t.co/28vQghm6h1

コメントを読む(2件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

仲村トオルのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 愛のまなざしを / 仲村トオル / 杉野希妃 / 斎藤工 / 中村ゆり / 藤原大祐 / 万田邦敏 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。