深田恭子との“ロミジュリ感”に瀬戸康史が手応え、「劇場版 ルパンの娘」初日迎える

227

劇場版 ルパンの娘」の公開初日舞台挨拶が本日10月15日に東京・丸の内TOEIで行われ、キャストの深田恭子瀬戸康史、監督の武内英樹らが登壇した。

「劇場版 ルパンの娘」公開初日舞台挨拶にて、前列左から小沢真珠、渡部篤郎、深田恭子、瀬戸康史、観月ありさ。後列左から武内英樹、どんぐり、栗原類、大貫勇輔、市村正親。

「劇場版 ルパンの娘」公開初日舞台挨拶にて、前列左から小沢真珠、渡部篤郎、深田恭子、瀬戸康史、観月ありさ。後列左から武内英樹、どんぐり、栗原類、大貫勇輔、市村正親。

大きなサイズで見る(全18件)

深田恭子

深田恭子[拡大]

瀬戸康史

瀬戸康史[拡大]

本作は泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華と、警察一家の息子・桜庭和馬の恋を描く「ルパンの娘」シリーズの続編。ドラマ2作を経ての映画化に深田は「まさか劇場版まであるとは。こんなに長いこと一緒にお仕事させていただくなんてあまりなくて。本当にチームワークがよくて、居心地のいい現場でした」とほほえむ。瀬戸は「ドラマ版のときから監督にずっと言われていた『ロミジュリ感』。最初はさっぱりわからなかったけど、(ドラマ)パート2からはパッとできるようになりました。目をうるませて、手先まで思いを込めるんです」と振り返りながら深田と目を合わせ、武内も満足げに「最初は苦労されてましたけど、会得されたようで。『ロミジュリ感で』と言ったらスイッチが入るようになっていましたね」とうなずいた。

「定吉ぃ!」と劇中のセリフを叫ぶどんぐり(中央)。

「定吉ぃ!」と劇中のセリフを叫ぶどんぐり(中央)。[拡大]

渡部篤郎

渡部篤郎[拡大]

最終章ということで、Lの一族を演じてきた面々は名残惜しさを口にする。どんぐりが「三雲家は絆と愛がいっぱい。映像から皆さんに届くと思う。本当に素晴らしい家族です!」と思いをあらわにすると、瀬戸から「お別れみたい(笑)」とツッコミが。渡部篤郎の「寂しいね。こんな気持ちは初めてかな。またみんなで違う物語を作って、まだまだやっていきたいです」という言葉には、観客から期待の拍手が沸き起こった。また小沢真珠は「どんな事件が起きても常に明るいのを意識して、難しいことを考えずポジティブな母を意識して演じました」、栗原類は「(自身の演じる)渉くんが今回ついにしゃべるので、自分としてはうれしかったです。みんなで芝居できる時間が楽しかった」と今まで演じてきた役への思い入れたっぷりに語る。

観月ありさ

観月ありさ[拡大]

左から大貫勇輔、市村正親。

左から大貫勇輔、市村正親。[拡大]

劇場版にゲスト出演した観月ありさは「スタッフもキャストの皆さんもチームワークができあがっていて、世界観を作り上げてくださっていたので、役作りをあまりしなくてよかったです」と現場の温かさに感謝。劇中にはミュージカルシーンもあり、市村正親は「なかなか苦労しました(笑)。(俳優として)50年選手なのでミスを見せられないと、どこかミュージカル俳優としての思いを背負っていたんですけど、内心はドキドキでした」と告白する。その隣で大貫勇輔は「市村さんと共演するのが大きな夢だったのでうれしいです」と感無量の表情を見せた。

「あんたが犯した罪、悔い改めな!」と華の決めゼリフを口にする深田恭子(中央)。

「あんたが犯した罪、悔い改めな!」と華の決めゼリフを口にする深田恭子(中央)。[拡大]

2019年のドラマ初放送から本作まで、ほかの役を挟まずに華を演じてきた深田。「愛着もありますし、私にとって宝物のような作品になりました。だから今日皆さんにお届けしてしまうのが、自分の手から離れてしまうのが、ちょっと寂しいです」と本音を漏らしつつ、「また仮面を着けて、みんなで集まりましょう」と笑顔で登壇者たちに声を掛けた。

「劇場版 ルパンの娘」は全国で上映中。

この記事の画像・動画(全18件)

関連記事

深田恭子のほかの記事

リンク

関連商品

(c)横関大/講談社 (c)2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 劇場版 ルパンの娘 / 深田恭子 / 瀬戸康史 / 渡部篤郎 / 小沢真珠 / 栗原類 / どんぐり / 大貫勇輔 / 市村正親 / 観月ありさ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。