元町映画館のサイレント映画特集、ピアノ演奏付きで「サンライズ」など7本上映

1

64

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 19 38
  • 7 シェア

「『SILENT FILM LIVE』長編ウィーク」が兵庫・元町映画館で9月18日から24日まで開催される。

「SILENT FILM LIVE」ビジュアル

「SILENT FILM LIVE」ビジュアル

大きなサイズで見る(全12件)

元町映画館で2018年にスタートした「SILENT FILM LIVE」。サイレント映画の魅力をより多くの人に伝えようと、楽士・鳥飼りょうのピアノ伴奏を添えてさまざまな作品を上映してきた。サイレント映画といえば、活動写真弁士による活弁付きの上映スタイルが日本ではメジャーだが、欧米ではピアノなどの演奏付き上映が主流だ。

「サンライズ」

「サンライズ」[拡大]

「戦艦ポチョムキン」

「戦艦ポチョムキン」[拡大]

今回の「SILENT FILM LIVE」ではアップライトピアノの演奏が同館で初披露される。ラインナップには第1回アカデミー賞で芸術作品賞に輝いたメロドラマ「サンライズ」、ハロルド・ロイドの出演作「ロイドの要心無用」、“ドキュメンタリー映画の父”と呼ばれるロバート・フラハティの監督作「極北のナヌーク」のほか、「戦艦ポチョムキン」「オペラの怪人」「散り行く花」「カメラを持った男」が並んだ。

元町映画館の支配人・林未来は「日替わりプログラムを毎日生演奏して毎日トークまでしちゃう鳥飼さんの気合いに圧倒されつつ、よりたくさんのお客さまとあの至福の時間を共有できるのかと思うと本当にワクワクします。毎日通ってほしい!」と呼びかけ、鳥飼は「サイレント映画に伴奏をつけて上映するのは、当時は日常的に行われていたこと。そんな日常を今の現代に再現できるのがとても楽しみです」と語った。

「SILENT FILM LIVE」長編ウィーク

2021年9月18日(土)~24日(金) 兵庫県 元町映画館
各日 15:30~
料金:一般 2000円 / 学生 1000円
<上映作品>
「サンライズ」
「極北のナヌーク」
「ロイドの要心無用」
「戦艦ポチョムキン」
オペラの怪人(1925年)
「散り行く花」
「カメラを持った男」

林未来(元町映画館支配人)コメント

元町映画館2階にある小さな部屋で愉しんでいた鳥飼りょうさんのピアノ生演奏付きサイレント映画上映。
それが、コロナの感染防止対策で2階を閉鎖しているなら、1階劇場でやろうじゃないかとまさかのスケールアップ!
日替わりプログラムを毎日生演奏して毎日トークまでしちゃう鳥飼さんの気合いに圧倒されつつ、よりたくさんのお客さまとあの至福の時間を共有できるのかと思うと本当にワクワクします。毎日通ってほしい!

鳥飼りょう(サイレント映画の楽士)コメント

サイレント映画に伴奏をつけて上映するのは、当時は日常的に行われていたこと。そんな日常を今の現代に再現できるのがとても楽しみです。
イベントというより、普通の映画を観る気分で、気軽に来ていただければと思っています。
作品の多彩さも今回の企画の魅力。特に長編は有名作ぞろいです。映画好きなら一度は名前を聞いたことがあるような作品ばかりですので、ぜひこの機会にお楽しみください。

この記事の画像(全12件)

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

元町映画館のサイレント映画特集、ピアノ演奏付きで「サンライズ」など7本上映(コメントあり)
https://t.co/iXGERe5IVQ

#SILENTFILMLIVE #元町映画館 #鳥飼りょう https://t.co/AxpYrs1P9G

コメントを読む(1件)

関連記事

ロバート・フラハティのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 サンライズ / ロイドの要心無用 / 戦艦ポチョムキン / オペラの怪人(1925年) / 散り行く花 / カメラを持った男 / ロバート・フラハティ / ハロルド・ロイド の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。