「スーパーヒーロー戦記」大人になったルナが登場、演じるのは横田真悠

2

788

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 205 582
  • 1 シェア

セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記」に、“大人になったルナ”役で横田真悠が出演するとわかった。

横田真悠

横田真悠

大きなサイズで見る(全10件)

「セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記」本ビジュアル

「セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記」本ビジュアル[拡大]

仮面ライダーシリーズの生誕50周年と、スーパー戦隊シリーズが45作目を迎えたことを記念した本作。劇中では、テレビ朝日系で放送中の「仮面ライダーセイバー」と「機界戦隊ゼンカイジャー」のヒーローがシリーズの垣根を越えて共闘する。ゲストの鈴木福のほか、レジェンドヒーローキャストとして奥野壮、高橋文哉、鈴木勝吾、水石亜飛夢が出演を果たす。

「仮面ライダーセイバー」に、物語の鍵を握る少女として登場したルナ。かつて主人公・神山飛羽真や幼なじみの富加宮賢人と3人で「ずっと一緒」と約束を交わした彼女は、カリバーの反乱により次元の裂け目に吸い込まれてしまっていた。のちに仮面ライダーセイバーとなった飛羽真によって救い出されたが、それが現実とワンダーワールドの存亡を懸けた事態へと発展していった。

テレビシリーズの少女ルナが、劇場版には大人になった姿で登場。同役を「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」の横田が演じる。この発表にあたり横田は「ルナは、いつも飛羽真の幸せを願っている女の子。あるシーンでルナが優しく『飛羽真』と呼びかける場面があるのですが、その一言に『大丈夫だよ』『安心してね』『ありがとう』というようないくつもの想いをこめました」とコメントした。

田崎竜太が監督した「セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記」は7月22日から全国ロードショー。

※田崎竜太の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

横田真悠 コメント

今回、大人になったルナ役を演じさせていただきました。
出演にあたっては、これまでの「仮面ライダーセイバー」をすべて拝見し、ルナという存在がとても重要だということがわかり、ファンの方々の夢を壊さないように、そして少女時代のルナを演じてこられた岡本望来さんに対しても恥ずかしくないようなお芝居をしたいという気持ちを持っていました。
ルナは、いつも飛羽真の幸せを願っている女の子。あるシーンでルナが優しく「飛羽真」と呼びかける場面があるのですが、その一言に「大丈夫だよ」「安心してね」「ありがとう」というようないくつもの想いをこめました。撮影後、内藤(秀一郎)さんから「名前を呼ばれた時にルナの優しさを感じた」と言われて、嬉しかったです。そんなルナの想いが皆さんにも伝われば嬉しいです。

この記事の画像(全10件)

「スーパーヒーロー戦記」製作委員会 (c)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (c)2021 テレビ朝日・東映AG・東映

読者の反応

  • 2

ティグレ @Masked_Tigre

「スーパーヒーロー戦記」大人になったルナが登場、演じるのは横田真悠(コメントあり) https://t.co/R5skcuR8AF

コメントを読む(2件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

横田真悠のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記 / 横田真悠 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。