池松壮亮が「アジアの天使」制作陣に感謝、オダギリジョーは“天使物”への参加に喜ぶ

1

210

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 38 136
  • 36 シェア

アジアの天使」の公開記念舞台挨拶が本日7月3日に東京・テアトル新宿で行われ、キャストの池松壮亮オダギリジョー、監督を務めた石井裕也が登壇した。

「アジアの天使」公開記念舞台挨拶の様子。左から石井裕也、池松壮亮、オダギリジョー。

「アジアの天使」公開記念舞台挨拶の様子。左から石井裕也、池松壮亮、オダギリジョー。

大きなサイズで見る(全11件)

それぞれ心に傷を持つ日本人と韓国人の家族がソウルで出会い、不思議な旅を繰り広げるさまを描く本作。妻を病気で亡くしたシングルファーザー・青木剛を池松、ソウルでその日暮らしの生活を送る剛の兄・透をオダギリが演じた。撮影はオール韓国ロケで行われている。

池松壮亮

池松壮亮[拡大]

韓国でのロケハンに同行したという池松は「早い段階から石井さんに話を共有してもらって、とにかく脚本を気に入りました。自分が映画のためにやれることは全部やりたいと思っていたんです」と述懐。「僕が韓国に行ったときにちょうど石井さんやスタッフもロケハンでいらっしゃったので1週間一緒に回りましたが、ほとんど決まりませんでした(笑)」と振り返る。

石井裕也

石井裕也[拡大]

一方、韓国に半年滞在したという石井は「コロナでどんどんキャンセルされていった時期で、池松くんが来たのは一番難しいときでした」と明かす。本作を「過去最大級に大変だった作品」と表現し、「トラブルも毎日のように起こりましたが、それを乗り越えるたびに優しくなれた。自分が今まで持っていたくだらない執着を捨てられて、すがすがしい気分になっていきました」と自身の成長を語った。

オダギリジョー

オダギリジョー[拡大]

「アジアの天使」より、芹澤興人演じる天使のイメージビジュアル。

「アジアの天使」より、芹澤興人演じる天使のイメージビジュアル。[拡大]

オダギリはオファーを受ける前から「企画の話は漏れ聞こえていた」という。「オファーをもらって脚本を読ませていただいたらとても面白かった。何より石井さんがドラマ『おかしの家』を演出されたときに、同じように天使が出てくるエピソードがあって、それがすごく好きだったんです。また“天使物”をやれることのうれしさがありました」と顔をほころばせる。

「アジアの天使」公開記念舞台挨拶の様子。

「アジアの天使」公開記念舞台挨拶の様子。[拡大]

コロナが猛威を振るう前は、夜な夜な宴会が繰り広げられていたそう。共演のキム・ミンジェがかなりの酒飲みだと話した池松は「僕の撮影がどれだけ遅くなろうがミンジェさんは毎晩待っていて『壮亮、1杯やろうぜ』と。でも次の日も現場が早いから嫌で、『日本の俳優は真面目だから、次の日が早いとお酒を飲んだりしないんだ』と言ったんです」と断り文句を明かす。しかし「何日か後にオダギリさんが合流してからは毎晩飲みに行くようになったので、僕の嘘はバレましたね」と結局酒席を楽しんだことを伝えた。

最後に池松は「この映画があらゆる困難を経て、国と国との関係を超えて結実し、今日を迎えられたことは大きな奇跡だと感じています」と感慨深そうに言い、「当初一緒の予定だったクルーが抜けたりもしましたが、最終的には志の高い、日本の文化に影響を受けたという方々が参加してくれました。尽力してくれたスタッフ、キャストに心から感謝しています」と述べイベントを締めた。

「アジアの天使」は全国公開中。

この記事の画像・動画(全11件)

(c) 2021 The Asian Angel Film Partners

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

池松壮亮が「アジアの天使」制作陣に感謝、オダギリジョーは“天使物”への参加に喜ぶ
https://t.co/tlBsYG1ivB

#アジアの天使 #池松壮亮 #オダギリジョー #石井裕也 https://t.co/e9DZs4kDUo

コメントを読む(1件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

池松壮亮のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 アジアの天使 / 池松壮亮 / オダギリジョー / 石井裕也 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。