マンガ「一人之下」が中国で実写化、ポスターデザインは「千と千尋」も手がけた黄海

3

88

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 30 54
  • 4 シェア

Webマンガ「一人之下」が中国で実写映画化。黄海がデザインしたポスタービジュアルが公開された。

「一人之下」ポスタービジュアル

「一人之下」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全3件)

米二の手がけたマンガ「一人之下」は、主人公・張楚嵐(チョウソラン)がある日、墓場でゾンビに襲われたところを1人の少女に救われたことから展開するサスペンスアクション。後日、大学に登校した張楚嵐の目の前に、再び少女が姿を現わし、彼の数奇な運命が動き出していく。

同作は少年ジャンプ+に掲載されているほか、日中のクリエイターによりアニメ化もされており、「一人之下 the outcast」「一人之下 羅天大西焦篇」「一人之下 全性篇」のタイトルでTOKYO MXなどで放送された。実写映画版では「ロスト・レジェンド 失われた棺の謎」のウー・アールシャンが監督を務める。

「一人之下」ポスタービジュアル(解釈版)

「一人之下」ポスタービジュアル(解釈版)[拡大]

本作のポスターデザインを手がけた黄海は、「千と千尋の神隠し」「万引き家族」の中国版ポスターデザインを手がけたことなどで知られる人物。タイトルを中心に大きくあしらったもののほか、解釈版、動画版の3種類が公開された。

実写映画「一人之下」は3部作を予定。日本での公開は現状未定だ。

この記事の画像・動画(全3件)

(情報・写真提供:新浪)

全文を表示

読者の反応

  • 3

RAY @vvRAYvv

マンガ「一人之下」が中国で実写化、ポスターデザインは「千と千尋」も手がけた黄海(動画あり) https://t.co/w1CpKOuQf2

コメントを読む(3件)

関連記事

ウー・アールシャンのほかの記事

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ウー・アールシャン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。