塩野瑛久がヒューマノイド開発者に、SFドラマシリーズをLINE NEWS内で配信

1563

塩野瑛久が出演したショートドラマシリーズ「ソムニウム」の配信が、明日6月3日22時にLINE NEWS内の動画プロジェクト「VISION」で開始される。

「ソムニウム」より、塩野瑛久演じる藤田醒(左)。

「ソムニウム」より、塩野瑛久演じる藤田醒(左)。

大きなサイズで見る(全23件)

左から山本真由美演じる与川冴弓、塩野瑛久演じる藤田醒。

左から山本真由美演じる与川冴弓、塩野瑛久演じる藤田醒。[拡大]

本作は2022年公開予定の映画「12ヶ月のカイ」の世界観をベースに、時代設定を少しさかのぼらせたSFファンタジー。“パーソナル・ケア・ヒューマノイド(PCH)”の生みの親・藤田醒と与川冴弓の開発にまつわる葛藤やエピソードが描かれる。塩野がエンジニアの醒、山本真由美がヒューマノイドデザイナーの冴弓を演じ、「12ヶ月のカイ」と同じく亀山睦実が監督を務めた。

「ソムニウム」

「ソムニウム」[拡大]

塩野は「AI(ヒューマノイド)という技術においての捉え方は人それぞれだし、そこにかける想いや愛おしさも人それぞれ。まだまだファンタジー要素を感じるかもしれませんが、近い将来起こりうる未来だとも思っています。その過程で悩む人間模様や経緯などを想像しながら見ていただければ嬉しいです」とコメントしている。亀山も「彼らが何を守り、何を叶えたいのか、ぜひ、最後まで見守ってください」と呼びかけた。

全8話の「ソムニウム」は毎週木曜に配信。なお7月1日以降は18時配信開始となる。

「12ヶ月のカイ」は、東京でWebデザイナーとして働くキョウカが、日常生活をともに送れるヒューマノイド“PCH”のカイを手に入れることから物語が展開。徐々に学習していくカイに対して、キョウカは「物として以上の感情」を持ち始め、やがてキョウカとカイは人間とヒューマノイドの間に命を生み出してしまう。キャストには中垣内彩加工藤孝生木口健太が名を連ね、山本も冴弓役で出演している。

塩野瑛久 コメント

主演 藤田醒役をつとめました塩野瑛久です。今回演じるにあたって、人間とAI(ヒューマノイド)について考えさせられました。AI(ヒューマノイド)という技術においての捉え方は人それぞれだし、そこにかける想いや愛おしさも人それぞれ。まだまだファンタジー要素を感じるかもしれませんが、近い将来起こりうる未来だとも思っています。その過程で悩む人間模様や経緯などを想像しながら見ていただければ嬉しいです。

亀山睦実 コメント

新しいものを作るときには、様々な葛藤がつきものです。いろんな角度から議論をし、どれも正解でどれも正義だったりする。ひとえに「これが正しい」とは言えないのが常です。多分、人間関係もそう。
この物語で、ヒューマノイドのOSを開発する醒と冴弓が最終的に直面する問題も、そういった非常に複雑な問題です。彼らが何を守り、何を叶えたいのか、ぜひ、最後まで見守ってください。

この記事の画像(全23件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

塩野瑛久のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 塩野瑛久 / 山本真由美 / 中垣内彩加 / 工藤孝生 / 木口健太 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。