「橘アヤコは見られたい」ロッテルダム映画祭に出品、佐藤周と山岸逢花のコメント到着

448

橘アヤコは見られたい」がロッテルダム国際映画祭のCinema Regained部門で招待上映されることが明らかに。海外版ビジュアルも到着した。

「橘アヤコは見られたい」海外版ビジュアル

「橘アヤコは見られたい」海外版ビジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

本作は佐藤周がOP PICTURES新人監督発掘プロジェクト2019で優秀賞を受賞したことにより制作するチャンスを獲得したピンク映画。人気動画配信者である橘圭介・綾子夫妻の身に起こる恐怖体験が、POV方式で描かれる。山岸逢花が主人公の綾子、東山康平が圭介を演じ、小梅えなと吉根ゆりあが圭介の同僚である内田優子と早川沙織に扮した。

このたびの発表に際し、佐藤は「2020年当時のコロナ禍で僕は、“目に見えないもの”や“距離”に不安を感じていました。それを裏テーマに作り上げたのが本作になります。この映画が皆さんの心に少しでも刺さってくれると嬉しいです」とコメント。山岸は「POV(主観映像)での芝居や撮影方法には苦労しましたが、映画の表現の幅広さを実感できたとても思い入れの深い作品です」と述べ、「人には見せない部分を覗いているような、いけないものを見ている感覚を海外の方にも楽しんでもらえたら嬉しいです」と期待を込めた。

※「橘アヤコは見られたい」はR15+指定作品

佐藤周 コメント

権威あるロッテルダム国際映画祭に自作を出品できること、大変光栄に思います。
2020年当時のコロナ禍で僕は、“目に見えないもの”や“距離”に不安を感じていました。それを裏テーマに作り上げたのが本作になります。
この映画が皆さんの心に少しでも刺さってくれると嬉しいです。

山岸逢花 コメント

ロッテルダム国際映画祭での上映が決定しとても嬉しく思います。POV(主観映像)での芝居や撮影方法には苦労しましたが、映画の表現の幅広さを実感できたとても思い入れの深い作品です。
人には見せない部分を覗いているような、いけないものを見ている感覚を海外の方にも楽しんでもらえたら嬉しいです。

この記事の画像(全2件)

関連記事

佐藤周のほかの記事

リンク

(c)OP PICTURES

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 橘アヤコは見られたい / 佐藤周 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。