トランス女性イシヅカユウが主演「片袖の魚」7月公開、原案は文月悠光の詩

7

219

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 47 155
  • 17 シェア

文月悠光の詩を原案とした短編映画「片袖の魚」が7月10日より東京・K's cinemaで公開決定。特報がYouTubeで解禁された。

「片袖の魚」チラシビジュアル

「片袖の魚」チラシビジュアル

大きなサイズで見る(全17件)

「片袖の魚」

「片袖の魚」[拡大]

自分を不完全な存在だと思い込み、自信を持てないまま社会生活を送るトランスジェンダー女性の新谷ひかりを主人公にした本作。友人や同僚の理解者にも恵まれ東京で暮らしていたひかりは、出張で故郷へ出向くことに。今の自分の姿を見てほしいと考えた彼女は、高校時代の同級生に勇気をふり絞って連絡をする。

「片袖の魚」

「片袖の魚」[拡大]

「片袖の魚」

「片袖の魚」[拡大]

詩集「わたしたちの猫」に収録された「片袖の魚」を、「老ナルキソス」「ホモソーシャルダンス」などで知られる東海林毅が映像化。ひかりおよびその友人役のキャスティングのため、トランスジェンダー女性当事者の俳優オーディションが開催された。そしてファッションモデルのイシヅカユウがひかり役に抜擢され、映画初主演。広畑りか黒住尚生、猪狩ともか(仮面女子)、原日出子もキャストに名を連ねている。

「片袖の魚」

「片袖の魚」[拡大]

劇伴として、蓮沼執太フィルでドラマーを務める尾嶋優(Jimanica)がオリジナル曲を提供。主題歌「RED FISH」の歌詞を文月が書き下ろした。また撮影はコロナ対策として少人数かつスピーディな制作に対応するため、全編にわたりSony Xperia 1で行われた。

「片袖の魚」は全国での順次公開も予定。

この記事の画像・動画(全17件)

(c)2021 みのむしフィルム

読者の反応

  • 7

チャラ男・ダムド(無関心は悪の共犯) @damned398

トランス女性イシヅカユウが主演「片袖の魚」7月公開、原案は文月悠光の詩(動画あり)。
トランスジェンダー女性を主人公にした本作。友人や同僚の理解者にも恵まれ東京で暮らしていたひかりは、出張で故郷へ出向くことに。
https://t.co/cBy3TMz0WV

コメントを読む(7件)

関連記事

文月悠光のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 片袖の魚 / 文月悠光 / 東海林毅 / イシヅカユウ / 広畑りか / 黒住尚生 / 仮面女子 / 原日出子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。