Fukaseが自ら巨大油絵描いた「キャラクター」場面写真、本人も「でかすぎだろ」

1243

菅田将暉の主演作「キャラクター」より、キャストのFukaseSEKAI NO OWARI)を捉えた場面写真が到着した。

「キャラクター」より、Fukase演じる両角。

「キャラクター」より、Fukase演じる両角。

大きなサイズで見る(全5件)

「キャラクター」ポスタービジュアル

「キャラクター」ポスタービジュアル[拡大]

本作は、殺人事件の第一発見者となったマンガ家・山城圭吾を主人公とする物語。山城は犯人をキャラクター化してサスペンスマンガを発表するが、その物語を模した事件が周囲で次々と発生していく。山城を菅田、彼の前に再び現れる犯人・両角(もろずみ)をFukaseが演じ、「帝一の國」の永井聡が監督を務めた。

公開されたのは、両角が自室でマンガ雑誌を手に取るシーン。彼の背後に描かれたおどろおどろしい巨大な油絵は、Fukase自らが手がけている。これは、Fukaseが役作りの一環で描いた小さな油絵を永井が気に入ったため、2m四方で描き直したもの。Fukaseはこの依頼を「でかすぎだろって思いました(笑)」と振り返り、素手で描いたという油絵に込めた思いを「両角というキャラクターになって描いたので、理屈があるわけでもなく、降りてきたという感覚です。描くならこれだ!と決まっていて、迷わず色を重ねていきました。両角が持っている凶悪さ、気持ち悪さ、不気味さと、そして少しだけある人懐っこい雰囲気が表現できたと感じています」と語っている。

「キャラクター」は6月11日に公開。

Fukase コメント

僕は油絵を素手で描きます。そして、絵を描くときには「お気に入りの服」を着ると決めていて、最後にはその服ごと作品にしようと思うぐらいに着倒しています。描いている時は集中力を切らさないよう、着ている服で手を拭くのでどんどん絵の具が服についていく……そんなジャージを見た監督が「これ、いいね」と言ってくださって、劇中でもその服をイメージした衣装を着ることになりました。
殺人鬼の衝動を理解するために描いた小さな絵が始まりです。その絵を監督に見せたところ、「映画で使おう」と提案されて、喜んでいたら「2メートル×2メートルで描き直して」と言われ……それは、でかすぎだろって思いました(笑)。両角というキャラクターになって描いたので、理屈があるわけでもなく、降りてきたという感覚です。描くならこれだ!と決まっていて、迷わず色を重ねていきました。両角が持っている凶悪さ、気持ち悪さ、不気味さと、そして少しだけある人懐っこい雰囲気が表現できたと感じています。

この記事の画像・動画(全5件)

関連記事

Fukaseのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021映画「キャラクター」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 キャラクター / Fukase / SEKAI NO OWARI / 永井聡 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。