菅田将暉とFukase共演作「キャラクター」結末異なる小説版&マンガ版が発売

1940

菅田将暉FukaseSEKAI NO OWARI)が出演した「キャラクター」のノベライズ版が5月7日、コミカライズ版が5月28日に発売される。

「キャラクター」ノベライズ版表紙

「キャラクター」ノベライズ版表紙

大きなサイズで見る(全7件)

「キャラクター」コミカライズ版より。

「キャラクター」コミカライズ版より。[拡大]

ノベライズ版『キャラクター』

長崎尚志「ノベライズ版『キャラクター』」
Amazon.co.jp

コミカライズ版『キャラクター』

いわや晃、長崎尚志「コミカライズ版『キャラクター』」
Amazon.co.jp

ノベライズ版は映画の原案と脚本を手がけた長崎尚志が自ら執筆した。いわや晃が作画を担当するコミカライズ版は、3月27日発売の月刊!スピリッツ5月号より連載。映画、小説、マンガで、それぞれ異なる展開と結末が描かれる。

「キャラクター」ポスタービジュアル

「キャラクター」ポスタービジュアル[拡大]

月刊!スピリッツ 2021年5月号

「月刊!スピリッツ 2021年5月号」
Amazon.co.jp

長崎が映画のために書き上げたシナリオは20稿に及んだ。彼は「小説版『キャラクター』はその中で、どれが映画版と同じくらい面白いか担当編集者に吟味してもらい、選ばれた第12稿をもとに創作したものです。冒頭はほぼ映画版と同じ流れですが、中盤から大きく変わり、終盤はまったく異なる展開になっています。マンガ版『キャラクター』は映画のシナリオを、マンガ家のいわや晃氏にそのままお渡しし、『好きなように変えていいですから』と言づけたもの。いわや氏もまた、映画版と同じではつまらないと、ラストは驚愕の展開になっています」とコメントしている。

「キャラクター」は殺人事件の第一発見者となったマンガ家・山城圭吾が犯人をキャラクター化してサスペンスマンガを発表したものの、その物語を模した事件が周囲で次々と発生していくさまを描いた物語。山城を菅田、彼の前に再び現れる犯人・両角をFukaseが演じ、「帝一の國」の永井聡が監督を務めた。映画は6月11日に公開される。

長崎尚志 コメント

映画「キャラクター」は企画段階でさまざまな映画監督の間を行きつ戻りつし、実現までにほぼ10年を費やした作品です。
それだけに書いたシナリオは実に20稿! それぞれが異なった結末になっています。
小説版「キャラクター」はその中で、どれが映画版と同じくらい面白いか担当編集者に吟味してもらい、選ばれた第12稿をもとに創作したものです。
冒頭はほぼ映画版と同じ流れですが、中盤から大きく変わり、終盤はまったく異なる展開になっています。
マンガ版「キャラクター」は映画のシナリオを、マンガ家のいわや晃氏にそのままお渡しし、「好きなように変えていいですから」と言づけたもの。いわや氏もまた、映画版と同じではつまらないと、ラストは驚愕の展開になっています。
とはいえ、小説もマンガも、登場人物、キャラクター、人間関係──すべて映画と同じ!
彼らの選択のちがいが、別な方向に向かった……いわば映画版「キャラクター」のパラレルワールドともいうべきもの! 同時に、映画に用意された少し謎に満ちたラストシーンを紐解く解説本にもなっています!
映画をご覧になる前に(あるいは読んだあとに)、ぜひ小説版、マンガ版をご一読いただくことをお薦めします。

この記事の画像・動画(全7件)

(c)2021映画「キャラクター」製作委員会

関連記事

菅田将暉のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 キャラクター / 菅田将暉 / Fukase / SEKAI NO OWARI / 長崎尚志 / 永井聡 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。