「ざんねんないきもの事典」アニメ映画化!舞台は南極、オーストラリア、日本

38

児童書「ざんねんないきもの事典」がアニメ映画化。2022年夏に全国で公開される。

「映画ざんねんないきもの事典」ティザービジュアル

「映画ざんねんないきもの事典」ティザービジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

動物学者・今泉忠明が監修を担当する「ざんねんないきもの事典」シリーズ。「サイの角は、ただのいぼ」など、生き物の“オモシロ情報”がイラストとともに紹介されている。4月24日に書籍第6弾が発売となり、シリーズの累計発行部数は420万部を記録。テレビアニメ・ドラマ化もされている。

劇場版のタイトルは「映画ざんねんないきもの事典」。南極、オーストラリア、日本(長野県安曇野)を舞台にしたオリジナルストーリーが描かれる。アニメーション制作はテレビアニメ版を手がけているファンワークスが担当。今泉は「『クスッ』と思わず笑ってしまうような、ちょっぴりざんねんな、たくさんのいきものたち。進化しなくたっていい、ちょっと変わり者でもいい、みんな頑張って生きている…そんな元気ないきものたちの姿をお子様や親御様、皆様にお届けできればいいな、と期待しています」とコメントした。

今泉忠明 コメント

「ざんねんないきもの事典」がアニメ映画になるとのこと。
それを聞いて、まさかとビックリしました。本づくりの時には、いきものたちのざんねんさを思いながら編集部のみなさんが楽しんで盛り上がったようですが…。
今度はアニメ映画!? 「ざんねん」がどんなふうに描かれているのか、知りたくなりますね。
「クスッ」と思わず笑ってしまうような、ちょっぴりざんねんな、たくさんのいきものたち。進化しなくたっていい、ちょっと変わり者でもいい、みんな頑張って生きている…
そんな元気ないきものたちの姿をお子様や親御様、皆様にお届けできればいいな、と期待しています。
今から完成が待ち遠しいです。皆様も劇場公開を楽しみにしていてください。

高山晃(プロデューサー)コメント

2018年よりTVアニメシリーズとして作っておりました「ざんねんないきもの事典」が、ついに映画になります!
ドリームチームを結成して、世界を舞台に、ざんねんないきものたちが大活躍する作品を楽しく準備中です。
2022年夏、スクリーンでお会いしましょう!!!

この記事の画像(全2件)

リンク

関連商品

(c)2022「映画ざんねんないきもの事典」製作委員会 (c)TAKAHASHI SHOTEN

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。