ホウ・シャオシェン特集の全上映作決定、夏公開予定のプロデュース作品も

754

「台湾巨匠傑作選2021―侯孝賢監督デビュー40周年記念 <ホウ・シャオシェン大特集>」の全上映作品が決定した。

「台湾巨匠傑作選2021―侯孝賢監督デビュー40周年記念 <ホウ・シャオシェン大特集>」ビジュアル

「台湾巨匠傑作選2021―侯孝賢監督デビュー40周年記念 <ホウ・シャオシェン大特集>」ビジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

「風が踊る」 (c)1982 Kam Sai (H.K.) Company / (c) 2018 Taiwan Film Institute. All rights reserved.

「風が踊る」 (c)1982 Kam Sai (H.K.) Company / (c) 2018 Taiwan Film Institute. All rights reserved.[拡大]

「フラワーズ・オブ・シャンハイ」 (c)1998 松竹株式会社.jpg

「フラワーズ・オブ・シャンハイ」 (c)1998 松竹株式会社.jpg[拡大]

「HHH:侯孝賢(ホウ・シャオシエン)」 (c)AMIP-La Sept ARTE-INA-France 1997

「HHH:侯孝賢(ホウ・シャオシエン)」 (c)AMIP-La Sept ARTE-INA-France 1997[拡大]

これは2020年に映画監督生活40周年を迎えたホウ・シャオシェン(侯孝賢)が、同年11月に金馬奨の名誉賞である終身成就賞を受賞したことを記念して行われる特集。1981年に製作されたラブストーリー「風が踊る」のデジタルリマスター版、トニー・レオン羽田美智子が主演した「フラワーズ・オブ・シャンハイ」の4Kデジタルリマスター版、オリヴィエ・アサイヤスがホウ・シャオシェンの素顔に迫るドキュメンタリー「HHH:侯孝賢(ホウ・シャオシエン)」が上映される。

また、ホウ・シャオシェンがプロデュースした「One Day いつか」を日本初上映。2021年夏に劇場公開される予定の「日常対話」もスクリーンにかけられる。さらに「台湾巨匠傑作選2020」でも行われた企画「江口洋子スペシャルセレクト」を今年も開催。各回上映後に、台湾映画コーディネーターの江口洋子による解説映像が上映される。

「台湾巨匠傑作選2021―侯孝賢監督デビュー40周年記念 <ホウ・シャオシェン大特集>」は4月17日より東京・K's cinemaで開催。

台湾巨匠傑作選2021―侯孝賢監督デビュー40周年記念 <ホウ・シャオシェン大特集>

2021年4月17日(土)~6月11日(金)東京都 K's cinema

開催記念特別上映作品

風が踊る(デジタル・リマスター版)

劇場プレミア上映

「HHH:侯孝賢(ホウ・シャオシエン)(デジタルリマスター版)」

4Kデジタルリマスター版 劇場初上映

「フラワーズ・オブ・シャンハイ(4Kデジタルリマスター版)」

ホウ・シャオシェン監督作品

坊やの人形
風櫃(フンクイ)の少年
冬冬(トントン)の夏休み
童年往事 時の流れ
恋恋風塵
悲情城市」※35mmフィルム上映
ナイルの娘(デジタルリマスター版)
憂鬱な楽園」※35mmフィルム上映
珈琲時光」※35mmフィルム上映
黒衣の刺客

ホウ・シャオシェン出演作品

「台北ストーリー(4Kデジタルリマスター版)」
台湾新電影(ニューシネマ)時代
あの頃、この時

ホウ・シャオシェン プロデュース作品

「One Day いつか」
天空からの招待状
軍中楽園
「日常対話」
台北暮色
台湾、街かどの人形劇

【隠れた名作台湾映画発掘!貴重な未公開映画上映&解説】江口洋子スペシャルセレクト5作品

「大仏+」
「狂徒」
「よい子の殺人犯」
「High Flash 引火点」
「アリフ・ザ・プリン(セ)ス」

この記事の画像(全4件)

関連記事

ホウ・シャオシェンのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 風が踊る(デジタル・リマスター版) / フラワーズ・オブ・シャンハイ / HHH:侯孝賢(ホウ・シャオシエン) / 日常対話 / 坊やの人形 / 風櫃(フンクイ)の少年 / 冬冬(トントン)の夏休み / 童年往事 時の流れ / 恋恋風塵 / 悲情城市 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。