ハローキティ映画の監督が決定、実写とアニメを合わせたハイブリッド作品に

79

ハローキティ初のハリウッド映画の監督が、ジェニファー・コイルとレオ・マツダに決定した。

左からハローキティ、ジェニファー・コイル、レオ・マツダ。

左からハローキティ、ジェニファー・コイル、レオ・マツダ。

大きなサイズで見る(全4件)

タイトル未定の本作は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのニュー・ライン・シネマと「ジャングル・クルーズ」のフリン・ピクチャーが企画を進めているもの。Netflix映画「シエラ・バージェスはルーザー」のリンジー・ビアが脚本を手がける同作は、実写とアニメーションのハイブリッド作品となる。

コイルは動画配信サービス・HBO Maxのアニメ「Harley Quinn(原題)」シリーズの監修や、「Bob's Burgers(原題)」「スペクタキュラー・スパイダーマン」の監督を担当してきた人物。「大きな笑顔をもたらす大きな仕事になりますが、フリン・ピクチャー社とニュー・ライン・シネマ社の仕事に関わることができることを非常に光栄に思っています」とコメントしている。

もう1人の監督であるマツダは、ディズニーの短編アニメ「インナー・ワーキング」で監督を務めた日系ブラジル人。「ベイマックス」「ズートピア」などにも携わった彼は「世界的に愛されているキャラクターに関わる素晴らしい機会に恵まれ、そのサンリオキャラクターのストーリーをさらに発展させることができることを本当にうれしく思います」と述べた。

なお映画の公開時期は現時点で未定。

ジェニファー・コイル コメント

マツダ氏とともに監督に起用されたことを非常にうれしく思っています。これは人気キャラクターに息を吹き込み、ハローキティが代表する愛、友情そして共生というメッセージを広める貴重な機会でもあります。キティならではのもたらす喜びと幸せをまさに世界が必要としています。大きな笑顔をもたらす大きな仕事になりますが、フリン・ピクチャー社とニュー・ライン・シネマ社の仕事に関わることができることを非常に光栄に思っています。

レオ・マツダ コメント

日系ブラジル人として小さいときから遊び心に富んだハローキティに囲まれていて、個性の大切さを教わりました。コイル氏とともにフリン・ピクチャー社、ニュー・ライン・シネマ社と一緒に世界的に愛されているキャラクターに関わる素晴らしい機会に恵まれ、そのサンリオキャラクターのストーリーをさらに発展させることができることを本当にうれしく思います。

リチャード・ブレナー(ニュー・ライン・シネマ プレジデント兼チーフクリエイティブオフィサー)コメント

サンリオと同社辻信太郎会長が40年以上掛けて作り上げてきた、ハローキティをはじめとする忘れがたいサンリオキャラクターたちと深いつながりを持っているコイル氏とマツダ氏の両監督が、創像力、才能、そして心を、このハローキティの世界と映画を通して生かすことができるのを、私たちは非常に幸運に思っています。

この記事の画像(全4件)

関連記事

リンク

(c)2021 SANRIO CO.,LTD. PHOTO:Andrew Marlin PHOTO:Peter Lefevre Photography

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。