森直人ら活弁シネマ倶楽部メインMC陣、2020年ベスト映画を語る

26

MCとゲストで映画を語るWeb番組「活弁シネマ倶楽部」の最新回がYouTubeで本日配信された。今回は番組のメインMCである映画評論家の森直人、ライターの月永理絵、文筆家の折田侑駿、映画ライターのSYO、同番組プロデューサーで映画ジャーナリストである徐昊辰が出演している。

「活弁シネマ倶楽部」メインMC陣

「活弁シネマ倶楽部」メインMC陣

大きなサイズで見る(全7件)

彼らが2020年を振り返り、ベスト映画について語った今回。選定作品は、2020年に鑑賞した作品であればなんでもありというルールだ。番組内では「追い風」「ドンテンタウン」「37セカンズ」「VIDEOPHOBIA」「空に聞く」「セノーテ」「死霊魂」「一度も撃ってません」「ロマンスドール」「アンダードッグ」前後編、「ミッドサマー」「ジョジョ・ラビット」などが話題に。さらに「海辺の映画館―キネマの玉手箱」「風の電話」「喜劇 愛妻物語」「おもかげ」「ハッピー・オールド・イヤー」「はちどり」といった作品も取り上げられた。そのほか映画界と社会情勢の変化、俳優論などをテーマにトークが繰り広げられている。

この記事の画像・動画(全7件)

関連する特集・インタビュー

折田侑駿のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 追い風 / ドンテンタウン / 37セカンズ / VIDEOPHOBIA / 空に聞く / セノーテ / 死霊魂 / 一度も撃ってません / ロマンスドール / アンダードッグ 前編 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。