安倍乙と奥山かずさが極悪雀士とバトル!温泉も堪能、「麻雀宝湯記」配信

136

東映の配信ブランド・Xstream46の第2弾作品「麻雀宝湯記 石和の亀篇・伊東の黒豹篇」でダブル主演を務める安倍乙劇団4ドル50セント)と奥山かずさのコメントが到着。あわせてメインビジュアル、場面写真、予告編が公開された。

「麻雀宝湯記 石和の亀篇・伊東の黒豹篇」ビジュアル

「麻雀宝湯記 石和の亀篇・伊東の黒豹篇」ビジュアル

大きなサイズで見る(全17件)

「麻雀宝湯記 石和の亀篇・伊東の黒豹篇」

「麻雀宝湯記 石和の亀篇・伊東の黒豹篇」[拡大]

「麻雀放浪記」「麻雀放浪記2020」と麻雀映画を送り出してきた東映が手がける本作は、完全オリジナルの“お色気旅情闘牌”コメディドラマ。安倍演じる女子高校生・真白と、奥山扮するチー子が、極悪雀士たちと奇想天外な麻雀バトルを展開する。山梨・石和温泉と静岡・伊東温泉が舞台となり、闘牌の合間には2人が温泉を堪能するシーンも。予告編はYouTubeで公開中だ。

「麻雀宝湯記 石和の亀篇・伊東の黒豹篇」

「麻雀宝湯記 石和の亀篇・伊東の黒豹篇」[拡大]

安倍は「私が演じる真白は抜けている部分が多く天然な子ですが、温泉に入ると性格が男前になって麻雀も上手くなります。対局シーンの迫力がすごいので、奥山さん演じるチー子さんとのチームプレイをぜひお楽しみください!」とアピールし、奥山は「私は麻雀をやったことがなかったので、このドラマのお話を頂いた時、正直不安もありました。しかし新しいことにチャレンジするのは大好きだし、何よりチー子は私にとても似ているので、楽しみながら撮影に臨むことができました」と撮影を振り返っている。

左から高橋和也演じる難波飛龍、不破万作演じる出歯亀、及川奈央演じる黒豹。

左から高橋和也演じる難波飛龍、不破万作演じる出歯亀、及川奈央演じる黒豹。[拡大]

また家族を捨て、旅打ちに出て行った真白の父・難波飛龍を高橋和也、手牌をのぞき見る能力で2人を苦しめる雀士・出歯亀を不破万作、脱衣麻雀を仕掛けてくる妖艶な敵・黒豹を及川奈央が演じるほか、渡辺翔佐野泰臣も出演。麻雀監修を「ぎゅわんぶらあ自己中心派」「打姫オバカミーコ」で知られるマンガ家・片山まさゆきが務め、ドラマ「日本ボロ宿紀行」の原廣利が監督、たかせしゅうほうが脚本をそれぞれ担当する。

「麻雀宝湯記 石和の亀篇・伊東の黒豹篇」のデジタルレンタル、デジタルセルは2月14日に配信開始。配信サイトによって配信時期が異なるのでご注意を。

安倍乙 コメント

まさか自分が主演をやれるとは思ってもいなかったので、お話を頂いたときは嬉しく思いながらも、驚きました。私が演じる真白は抜けている部分が多く天然な子ですが、温泉に入ると性格が男前になって麻雀も上手くなります。対局シーンの迫力がすごいので、奥山さん演じるチー子さんとのチームプレイをぜひお楽しみください! 私はグラビアやバラエティの印象も強いと思うのですが、「麻雀放湯記」ではぜひとも“女優・安倍乙”を知っていただけたら嬉しいです。

奥山かずさ コメント

私は麻雀をやったことがなかったので、このドラマのお話を頂いた時、正直不安もありました。
しかし新しいことにチャレンジするのは大好きだし、何よりチー子は私にとても似ているので、楽しみながら撮影に臨むことができました。
麻雀シーンはもちろん、真白とチー子の掛け合いも面白いし、温泉シーンも…とにかく見どころがたくさんあります! 麻雀を知らない人でも楽しめる作品になっておりますので、ぜひご覧ください。

この記事の画像・動画(全17件)

関連記事

安倍乙のほかの記事

リンク

(c)東映

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 安倍乙 / 劇団4ドル50セント / 奥山かずさ / 高橋和也 / 不破万作 / 及川奈央 / 渡辺翔 / 佐野泰臣 / 原廣利 / 片山まさゆき の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。