大河ドラマ「青天を衝け」に磯村勇斗、深川麻衣、中島歩、板垣李光人ら17名出演

2812

吉沢亮主演の大河ドラマ「青天を衝け」の出演者が新たに発表された。

磯村勇斗

磯村勇斗

大きなサイズで見る(全17件)

“日本近代資本主義の父”として知られる渋沢栄一の生涯を描き出す「青天を衝け」。吉沢が渋沢を演じ、草なぎ剛、橋本愛、玉木宏、高良健吾、渡辺大知、上白石萌音、川栄李奈、小池徹平らがキャストに名を連ねる。

深川麻衣

深川麻衣[拡大]

このたび明らかになった出演者は17名。磯村勇斗が江戸幕府第14代将軍の徳川家茂、深川麻衣が家茂の正室である和宮に扮する。中島歩が徳川慶喜の兄・徳川慶篤、板垣李光人が慶喜の弟・徳川昭武、遠山俊也が水戸藩・一橋家家臣の猪飼勝三郎、波岡一喜が同じく家臣の川村恵十郎を演じることも発表された。また池田成志が薩摩藩の国父・島津久光役を務め、博多華丸博多華丸・大吉)、石丸幹二徳井優が薩摩藩士の西郷隆盛、大久保利通、折田要蔵役でそれぞれ出演する。

第8代宇和島藩主の伊達宗城役には菅原大吉、第15代土佐藩主の山内容堂役には水上竜士が起用された。第121代天皇・孝明天皇を尾上右近、朝廷改革を志す岩倉具視を山内圭哉、公武合体派の中川宮を奥田洋平、攘夷派の三条実美を金井勇太が演じる。そして江戸の武具商である梅田慎之介役には渡辺徹がキャスティングされた。

制作統括・菓子浩のコメントは下記の通り。なお番組の公式サイトにはキャストのコメントも掲載されている。

大森美香が脚本を手がける「青天を衝け」は、NHK総合などで2月14日に放送開始予定。

※草なぎ剛のなぎは弓へんに前の旧字体、その下に刀

大河ドラマ「青天を衝け」初回

2021年2月14日(日)放送(予定)
NHK総合 20:00~21:00
NHK BSプレミアム、NHK BS4K 18:00~
※15分拡大版(「青天を衝け」紀行含む)

菓子浩 コメント

渋沢栄一は卓越した記憶力の持ち主でした。晩年に語ったエピソードの数々は、日付や場所も正確なうえ、細かな描写もあふれていて臨場感があります。一橋家の家臣となった栄一は、京でさまざまな幕末のヒーローたちと出会います。西郷隆盛もその一人。鹿児島名物豚鍋をつつきながら、未来を語り合った2人は意気投合しました。そして、この時期、慶喜は幕府と朝廷、雄藩の思惑が入り乱れるなかで、ひとり奮闘していたのです。そんな手に汗握る展開を、すばらしいキャストの皆さんに演じていただけることとなりました。物語としてはちょっと先の話になりますが、「青天を衝け」、見ごたえのあるシーンが続きます。どうぞご期待ください。

この記事の画像(全17件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

磯村勇斗のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 磯村勇斗 / 深川麻衣 / 中島歩 / 板垣李光人 / 遠山俊也 / 波岡一喜 / 池田成志 / 博多華丸 / 博多華丸・大吉 / 石丸幹二 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。