組長は父親的存在、「ヤクザと家族」舘ひろしが役への解釈語る

826

ヤクザと家族 The Family」に出演している舘ひろしのコメントと新たな場面写真9点が到着した。

「ヤクザと家族 The Family」新場面写真

「ヤクザと家族 The Family」新場面写真

大きなサイズで見る(全27件)

「ヤクザと家族 The Family」新場面写真

「ヤクザと家族 The Family」新場面写真[拡大]

本作はヤクザとして生きる道を選んだ1人の男と彼を取り巻く人々を、1999年、2005年、2019年という3つの時代にわたって描く物語。主人公の山本賢治を綾野剛が演じ、身寄りのない孤独な山本に“家族”という居場所を与えた柴咲組組長・柴咲博を舘が演じた。

「ヤクザと家族 The Family」新場面写真

「ヤクザと家族 The Family」新場面写真[拡大]

「人は誰しも生きていく権利というものがなければいけないと思います。ここに描かれているヤクザも人間だということを伝えようとしている作品だと思います」と語る舘。アクション、コメディ、ラブロマンスなどさまざまなジャンルで功績を残してきた彼は、2020年に旭日小綬章を受章し、2021年1月には石原プロモーションの解散という節目を迎えた。

「ヤクザと家族 The Family」新場面写真

「ヤクザと家族 The Family」新場面写真[拡大]

“ヤクザ”を題材としながら、本作で描かれるのは“家族”、そして“人権”という普遍的なテーマだ。脚本に惚れ込んだ舘は、自身の演じた柴咲について「昔気質の組長なんです。ヤクザの世界の中で、柴咲組──会社で言うと零細企業みたいな小さな企業という感じなんですけれども、その中で組員は全員家族であり、柴咲というのは父親のような存在であったんじゃないかなと解釈して演じました」と説明する。

「ヤクザと家族 The Family」新場面写真

「ヤクザと家族 The Family」新場面写真[拡大]

「ヤクザと家族 The Family」新場面写真

「ヤクザと家族 The Family」新場面写真[拡大]

監督を務めた藤井道人は、舘にオファーした理由を「漢(おとこ)だけど包容力のあるあのニヒルな目を、剛さん演じる山本に送ってくれたらどうなるのだろうという期待がありました」と明かす。また舘の解釈と同様、ヤクザの組長としての威厳だけではなく、山本を導く父親としての一面を柴咲に求めていたという。劇中では柴咲が老いていく姿が映し出されることで、人間らしい哀愁が表出し、舘が語る「ヤクザも人間」という見解がより強調されている。

「ヤクザと家族 The Family」は1月29日より全国ロードショー。

この記事の画像(全27件)

関連記事

舘ひろしのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ヤクザと家族 The Family / 舘ひろし / 藤井道人 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。