「ヤクザと家族」綾野剛が白昼の町を全力疾走、本編シーンを公開

812

綾野剛の主演作「ヤクザと家族 The Family」より、本編映像の一部がYouTubeで公開された。

「ヤクザと家族 The Family」

「ヤクザと家族 The Family」

大きなサイズで見る(全15件)

「ヤクザと家族 The Family」

「ヤクザと家族 The Family」[拡大]

本作はヤクザとして生きる道を選んだ1人の男を、1999年、2005年、2019年という3つの時代にわたって描く物語。主人公・山本賢治を綾野、柴咲組の組長・柴咲博を舘ひろしが演じ、「新聞記者」の藤井道人が監督を務めた。

「ヤクザと家族 The Family」

「ヤクザと家族 The Family」[拡大]

今回解禁となったのは、3部構成となる本作の第1章にあたる1999年パートより、山本が町を疾走するシーン。柴咲組と敵対する侠葉会の息の掛かった売人から覚せい剤を奪ったことで、山本は侠葉会のヤクザから全速力で逃走する。

「ヤクザと家族 The Family」メイキング写真

「ヤクザと家族 The Family」メイキング写真[拡大]

最後に山本が車にはねられる場面は、舘が「3テイクもやったの?」と驚くほどリアルを追求した撮影だったようで、綾野は「けがをしないようにイメトレして臨んではいるものの、ひかれる瞬間は思った以上に車が重かった」と体を張った感想を伝える。スタッフによれば、現場では綾野がリーダーシップを発揮し、演出だけではなく、撮影中に転んだカメラマンのけがの手当てまで率先して行っていたという。

「ヤクザと家族 The Family」メイキング写真

「ヤクザと家族 The Family」メイキング写真[拡大]

撮影を担当したのは「デイアンドナイト」や「新聞記者」など藤井作品に欠かせない存在であり、大学時代からの友人でもある今村圭佑。本シーンを含む第1章は手持ち撮影がメインで、フィルムの生っぽい質感や陰影のコントラストで香港ノワールのようなムードが醸し出されている。藤井組初参加の舘は「藤井監督含む、撮影現場のスタッフたちが何ひとつ妥協していない。久しぶりに骨のあるハードボイルドな作品に出演できてうれしかった」と振り返った。

「ヤクザと家族 The Family」は1月29日に全国で公開。

この記事の画像・動画(全15件)

関連記事

綾野剛のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ヤクザと家族 The Family / 綾野剛 / 舘ひろし / 藤井道人 / 今村圭佑 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。