約ネバの舞台裏には登山が、浜辺美波「かわいく言えばハイキング」「泣く子が続出」

4128

映画「約束のネバーランド」の生配信イベントが本日1月10日に行われ、キャストの浜辺美波城桧吏板垣李光人が参加した。

左から板垣李光人、浜辺美波、城桧吏。

左から板垣李光人、浜辺美波、城桧吏。

大きなサイズで見る(全8件)

白井カイウが原作、出水ぽすかが作画を担当した同名マンガをもとに、“食用児”として鬼に献上されるため育てられていた孤児たちの姿を描く本作。浜辺が天真爛漫な主人公エマを演じ、城がレイ役、板垣がノーマン役で出演した。

浜辺美波

浜辺美波[拡大]

本作の撮影は1年半ほど前に行われた。キャストたちは高所にある撮影現場まで登山で向かっていたそうで、浜辺は「山が高いがゆえにいろんな困難が待っていました」と切り出して「かわいく言ったらハイキングなんですが、登山用の靴ではなかったので体力を削られました。泣く子が続出して……」と明かす。城は「小さな子たちとわいわいはしゃぎながら向かっていました」と、板垣は「何度も走ったうえでハイキングをして帰るのが大変でした」とそれぞれ振り返った。

板垣李光人

板垣李光人[拡大]

城桧吏

城桧吏[拡大]

浜辺美波

浜辺美波[拡大]

イベントの中盤には2021年の抱負を漢字1文字で表す企画が。板垣は「いろいろなものにとらわれず浮遊していたい」と「漂」と書き、シンプルに「力」を選んだ城は「今年はいろんな能力を身に付けたい」とさらなるパワーアップを目指す。浜辺は「笑」としたためて「マスクをしていると笑っても気付かれにくい。意識して口角も上げて笑っていきたい」と誓った。さらに明日、成人の日を迎える彼女は「いろんな書類の管理を自分でするようになりました。自立が大きな目標です」と口にして、歳下の城と板垣に「2人の純粋でかわいらしいところが魅力です。成長しながらも大事な部分は変わらずに生きてほしい」と温かい声を掛けた。

平川雄一朗の監督作「約束のネバーランド」は全国で上映中。

この記事の画像・動画(全8件)

関連記事

浜辺美波のほかの記事

リンク

関連商品

(c)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (c)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 約束のネバーランド / 浜辺美波 / 城桧吏 / 板垣李光人 / 平川雄一朗 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。