時代劇の“斬られ役”で知られる福本清三、77歳で肺がんにより死去

1687

俳優の福本清三が、1月1日17時26分に肺がんにより死去したことがわかった。77歳だった。

福本清三

福本清三

大きなサイズで見る(全4件)

東映京都俳優部の発表によると、病気療養中だった福本は自宅で息を引き取ったという。故人の遺志により、葬儀は親族のみで執り行われた。また東映京都俳優部は「誠に勝手ではございますが、ご香典、ご供花、ご供物の儀も、固くご辞退申し上げますとのことです。何卒、故人と御遺族の意向をご理解いただけますようお願い申し上げると共に、皆さまへのご連絡が遅れましたことを、深くお詫び申し上げます」と発表している。

福本清三

福本清三[拡大]

1943年生まれ、兵庫県出身の福本は、1958年に15歳で東映京都撮影所に専属演技者として入所。以降60年以上にわたり時代劇の“斬られ役”などとして活躍し、「どこかで誰かが見ていてくれる ~日本一の斬られ役・福本清三~」「おちおち死んでられまへん ~斬られ役ハリウッドへ行く~」といった回顧録も発表してきた。主な出演作には、「仁義なき戦い」シリーズやハリウッド映画「ラスト サムライ」などがある。2014年公開の「太秦ライムライト」では、カナダのファンタジア国際映画祭で最優秀主演男優賞に輝いた。

この記事の画像(全4件)

関連記事

福本清三のほかの記事

リンク

(c)東映太秦映画村

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 仁義なき戦い / ラスト サムライ / 太秦ライムライト / 福本清三 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。