冨樫義博の「幽☆遊☆白書」Netflixでドラマ化

1628

冨樫義博のマンガ「幽☆遊☆白書」がNetflixでドラマ化されることがわかった。

「幽☆遊☆白書」19巻書影

「幽☆遊☆白書」19巻書影

大きなサイズで見る

1990年から1994年まで週刊少年ジャンプで連載された「幽☆遊☆白書」は、個性的なキャラクターが人間界、魔界、霊界を股にかけ、次々と降りかかる困難に立ち向かうさまを描く物語。主人公は喧嘩に明け暮れる毎日を過ごす高校生・浦飯幽助だ。ある日、子供をかばって事故死し霊体となった彼は、霊界案内人を名乗る女性・ぼたんから、不良である幽助が“善い行い”で死ぬことが想定外であったため、天国にも地獄にも行き先がないと告げられる。生き返るための試練に挑むことになった幽助は、霊界探偵として人間界・魔界・霊界を舞台に壮大な謎に巻き込まれていく。

本作のエグゼクティブプロデューサーを務める坂本和隆は「原作世代として育ち、当時のその熱狂と衝撃は鮮明な記憶として残っています」と述べ、「20年たった今でもその勢いは衰えるどころか、アジアをはじめ全世界にファンはひろがり続けていく中、Netflixにおける自由度の高い表現プラットフォームを最大限生かして作品づくりに向き合います。尺規制の無い各エピソードでのストーリー展開に加え、国内外から最高峰のチームが集結することで、原作がもつ壮大な世界観の魅力を最大化できることに喜びを感じます」と語った。

Netflixオリジナルシリーズ「幽☆遊☆白書」はNetflixにて全世界同時配信予定。配信時期については現状未定だ。

関連する特集・インタビュー

関連記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 冨樫義博 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。