マイケル・ケイン「オファーが来るかもと思った」、実話もとにした主演作を語る

1

86

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 18 36
  • 32 シェア

キング・オブ・シーヴズ」で主演を務めるマイケル・ケインのインタビュー映像がYouTubeで公開。あわせて新場面写真7枚も到着した。

「キング・オブ・シーヴズ」新場面写真

「キング・オブ・シーヴズ」新場面写真

大きなサイズで見る(全11件)

「キング・オブ・シーヴズ」新場面写真

「キング・オブ・シーヴズ」新場面写真[拡大]

本作は、平均年齢60歳以上の窃盗団が、英ロンドンの宝飾店街ハットンガーデンの貸金庫から1400万ポンド(約25億円)相当の宝石や現金を盗んだ事件を映画化したもの。かつて“泥棒の王(キング・オブ・シーヴズ)”と呼ばれた主人公ブライアンをケインが演じる。

「キング・オブ・シーヴズ」新場面写真

「キング・オブ・シーヴズ」新場面写真[拡大]

「キング・オブ・シーヴズ」新場面写真

「キング・オブ・シーヴズ」新場面写真[拡大]

映像でケインは、実際の事件を新聞で知ったと話し「この話が映画化されたらオファーが来るかもと思ったが、その通りになった」と回想。ジム・ブロードベント、トム・コートネイ、ポール・ホワイトハウス、レイ・ウィンストン、マイケル・ガンボンら英国俳優たちとの共演について感想を求められると、「今までのキャリアで一番楽をできた。よく知っている人と仕事ができたからだ。ロケ地は地元ロンドン、撮影クルーもイギリス人、共演者も撮影クルーも昔からよく知る人が多い、そんな現場だった」と茶目っ気たっぷりに振り返った。また場面写真には、妻とレストランでデートするブライアンの姿や、手作業で金庫破りに挑む窃盗団の様子が切り取られている。

「博士と彼女のセオリー」のジェームズ・マーシュが監督を務めた「キング・オブ・シーヴズ」は1月15日より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国で順次公開。

この記事の画像・動画(全11件)

(c)2018 / STUDIOCANAL S.A.S. - All Rights reserved

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

マイケル・ケイン「オファーが来るかもと思った」、実話もとにした主演作を語る
https://t.co/V3U31xn1PN

#マイケル・ケイン #キング・オブ・シーヴズ https://t.co/A73jTa3Kme

コメントを読む(1件)

関連記事

マイケル・ケインのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 キング・オブ・シーヴズ / マイケル・ケイン / ジェームズ・マーシュ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。