SSFF & ASIAで縦型ショートフィルム募集、別所哲也と前田裕二が新時代の映像語る

78

国際短編映画祭のショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)と、SHOWROOMが新たに展開するバーティカルシアターアプリ・smash.が共同プロジェクトを始動する。

左から前田裕二、別所哲也。

左から前田裕二、別所哲也。

大きなサイズで見る(全8件)

片手で気軽に視聴できるのが魅力のバーティカル(縦型)動画。本プロジェクトでは、バーティカルのショートフィルムを集めて世界に発信していく。

SSFF & ASIA「バーティカルシアター部門 supported by smash.」ビジュアル

SSFF & ASIA「バーティカルシアター部門 supported by smash.」ビジュアル[拡大]

第1弾としてスタートしたのは、SSFF & ASIA 2021に向けた「バーティカルシアター部門 supported by smash.」の世界公募。最優秀賞、優秀賞、18歳以下の監督作品へ贈るU-18賞、奨励賞の計4部門にて、最大13作品を選出する予定だ。賞金総額は300万円。選抜された作品はSSFF & ASIA 2021の開催期間中、smash.で日本全国へ配信される。応募ガイドラインは映画祭の公式サイトで確認しよう。なお本プロジェクトでは今後、バーティカルショートフィルムの製作および、SSFF & ASIAがキュレ―ションしたバーティカルショートフィルムの配信もsmash.で行う。

対談の様子。左から前田裕二、別所哲也。

対談の様子。左から前田裕二、別所哲也。[拡大]

プロジェクト始動に際し、SSFF & ASIA代表の別所哲也とSHOWROOMの前田裕二が対談を実施。別所は「なぜこれまでスマホを横にして映像を見ていたのか? それは20世紀の生活様式や考え方に根差して積み上げられてきたものなんですけど、それが縦になるとどうなるのか? すごく楽しみだし、ここから生まれてくるコンテンツが世界を変えていくだろうと思っています」と述べ、前田は「たった5分程度の短い作品でも心が震えるんだ、という感動体験を強く世に向けて打ち出していきたい」と語るなど、バーティカルフィルムやショートフィルムの可能性を語り合った。対談の模様はYouTubeで公開されているほか、smash.でもバーティカルバージョンが限定配信中。

この記事の画像・動画(全8件)

関連記事

別所哲也のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 別所哲也 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。