窪田正孝「エール」関連本の表紙ビジュアル解禁、裕一が砂浜のオルガンに腰掛ける

728

本日11月27日の放送で最終回を迎えた連続テレビ小説「エール」。主演を務めた窪田正孝のドキュメンタリーブック「Vreath -Documentary of 窪田正孝 in エール-」より、表紙ビジュアルと新カット3枚が公開された

「Vreath -Documentary of 窪田正孝 in エール-」表紙

「Vreath -Documentary of 窪田正孝 in エール-」表紙

大きなサイズで見る(全9件)

Vreath -Documentary of 窪田正孝 in エール-

Vreath -Documentary of 窪田正孝 in エール-
Amazon.co.jp

「Vreath -Documentary of 窪田正孝 in エール-」新カット

「Vreath -Documentary of 窪田正孝 in エール-」新カット[拡大]

「栄冠は君に輝く」「六甲おろし」など、生涯で約5000曲を生み出した作曲家・古関裕而をモデルにした主人公・古山裕一を演じた窪田。本書では2019年9月のクランクインから2020年10月のクランクアップまでのおよそ1年間に密着した。撮影の合間に撮られた写真の数々やロングインタビュー、共演者である二階堂ふみと演出を手がけた吉田照幸からの窪田への手紙などが収められている。表紙は裕一と二階堂演じる妻・音が砂浜でデートする場面をベースにデザインされた。

「Vreath -Documentary of 窪田正孝 in エール-」新カット

「Vreath -Documentary of 窪田正孝 in エール-」新カット[拡大]

「Vreath -Documentary of 窪田正孝 in エール-」新カット

「Vreath -Documentary of 窪田正孝 in エール-」新カット[拡大]

タイトルの「Vreath」は、窪田自ら発案した造語。窪田は、この言葉に込めた思いを「Breathは息継ぎという意味ですけど、呼吸をすることや息をすることって、音楽だけじゃなくて生きているということにもつながるじゃないですか。僕の中で『音楽』と『人生を生きていくこと』が結びついたのと、音楽記号で息継ぎのことを楽譜で『V』と表現するので、自分なりに造語を作ってみてもいいんじゃないかな、と思って『Vreath』にしました」と語っている。

税込2750円の「Vreath -Documentary of 窪田正孝 in エール-」は12月4日に発売。窪田のフォトブックやカレンダーを継続して手がけている写真家の齋藤陽道が撮影を担当している。

この記事の画像(全9件)

全文を表示

※記事初出時、見出しに誤りがありました。お詫びして訂正いたします

関連記事

窪田正孝のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 窪田正孝 / 齋藤陽道 / 二階堂ふみ / 吉田照幸 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。