伊藤沙莉の“最後かもしれない女子高生役”、「ホテルローヤル」新写真

470

ホテルローヤル」で伊藤沙莉が演じた女子高生まりあの場面写真が解禁。あわせてインタビューコメントが公開された。

「ホテルローヤル」新場面写真

「ホテルローヤル」新場面写真

大きなサイズで見る(全27件)

「ホテルローヤル」ポスタービジュアル

「ホテルローヤル」ポスタービジュアル[拡大]

本作は北海道の湿原に建つラブホテル・ホテルローヤルを舞台にした群像劇。波瑠演じるホテルの一人娘・田中雅代を軸に、非日常を求めて同地を訪れる男女や問題を抱える経営者家族、従業員それぞれの人生模様がつづられる。「百年の恋」の武正晴が監督、NHK連続テレビ小説「エール」の清水友佳子が脚本を担当した。

「ホテルローヤル」

「ホテルローヤル」[拡大]

まりあは岡山天音演じる担任教師とホテルローヤルを訪れる女子高生。伊藤は「ありがたいことに大人になってからもしばらく女子高生役をいただいていたのですが、ほかの役も演じてみたいなあと思うようになり、ここ最近は社会人の役が多かったんです。でも、久しぶりに制服を着てみると、やっぱりうれしいものですね。さすがに、女子高生はもう無理かなと思っていたので。武監督にも『ギリギリだな』と言われてしまいました(笑)。これが最後かもしれないと思い、写真をたくさん撮りました!」と出演の喜びを明かす。

「ホテルローヤル」新場面写真

「ホテルローヤル」新場面写真[拡大]

まりあの役柄については「一般的なわかりやすい女子高生ではなく、子供なのにいろんなものを抱えている難しい役でした。もしこれが女子高生を演じる最後の作品になるなら、まりあという役でよかったなと思います」と紹介。また、同い歳である岡山との共演を「16歳のときに天音くんと同級生役で共演したことがあったんです。だから年齢も立場も違う教師と生徒という役を2人で演じられたのはすごく感慨深かったし、とても面白かったです」と振り返った。

「ホテルローヤル」は11月13日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全27件)

関連記事

伊藤沙莉のほかの記事

リンク

関連商品

(c)桜木紫乃/集英社 (c)2020 映画「ホテルローヤル」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ホテルローヤル / 伊藤沙莉 / 岡山天音 / 武正晴 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。