落書きでささやかな抵抗…アルジェリア内戦下の弾圧描く「パピチャ」本編映像

67

パピチャ 未来へのランウェイ」の本編映像の一部がYouTubeで公開された。

「パピチャ 未来へのランウェイ」ビジュアル

「パピチャ 未来へのランウェイ」ビジュアル

大きなサイズで見る(全21件)

アルジェリアで1991年に始まった内戦“暗黒の10年”を背景にした本作。過激派イスラム主義勢力によって横行していた弾圧の真実が、ファッションデザイナーを夢見る大学生ネジュマの視点から描かれる。リナ・クードリがネジュマを演じ、シリン・ブティラがネジュマの親友ワシラを演じた。

今回解禁された映像には、ネジュマとワシラがナイトクラブから大学寮へ帰ってきた場面を収録。ヒジャブ着用を呼びかける紙が寮の入り口に貼られていることに気付いた2人が、それに落書きをしてささやかな反抗をするさまが切り取られている。

アルジェリアを離れる前、自身も大学寮で暮らしていた監督のムニア・メドゥールは「ネジュマたちが大学構内で体験することはすべて、1990年代にアルジェリアの女子学生たちが日常生活で体験していたことそのままです」と説明。「脚本はネジュマを中心にして組み立てていますが、原理主義に抵抗しながら素晴らしい旅路を歩んでいくこの若い女性の物語を伝えたかったのです。その道中で彼女は多くの危険に遭遇しますが、彼女のアイデアや、仲間たちとの支え合いと友情、愛、そして葛藤にあふれるアルジェリア社会のさまざまな側面を描いています。その意味で、この映画で描く大学は社会の縮図と言えるのです」と語ってた。

「パピチャ 未来へのランウェイ」は、10月30日に東京のBunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開。

この記事の画像・動画(全21件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

リナ・クードリのほかの記事

リンク

(c)2019 HIGH SEA PRODUCTION - THE INK CONNECTION - TAYDA FILM - SCOPE PICTURES - TRIBUS P FILMS - JOUR2FETE - CREAMINAL - CALESON - CADC

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 パピチャ 未来へのランウェイ / リナ・クードリ / シリン・ブティラ / ムニア・メドゥール の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。