絶対に完成させたかった、「パピチャ」キャストインタビューを収録した特別映像

1

67

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 16 34
  • 17 シェア

パピチャ 未来へのランウェイ」のキャストインタビューを収録した特別映像がYouTubeで公開された。

「パピチャ 未来へのランウェイ」ビジュアル

「パピチャ 未来へのランウェイ」ビジュアル

大きなサイズで見る(全21件)

本作はアルジェリアで1991年に始まった内戦“暗黒の10年”を背景にした物語。過激派イスラム主義勢力によって横行していた弾圧の真実が、ファッションデザイナーを夢見る大学生ネジュマの視点から描かれる。リナ・クードリがネジュマを演じ、アルジェリアで17歳まで暮らしたムニア・メドゥールが監督を務めた。

「パピチャ 未来へのランウェイ」メイキング写真

「パピチャ 未来へのランウェイ」メイキング写真[拡大]

映像で、脚本との出会いが4年前であることを明かすクードリ。続けて「この映画は例え何があっても絶対に完成させたかった。エネルギーをためてた」とコメントする。ネジュマの親友ワシラを演じたシリン・ブティラは「自国の問題だから私自身にも関わる物語よ」「これは若くて美しく自立した強い女性の物語でもある」と語り、ネジュマの友人を演じたアミラ・イルダ・ドゥアウダザーラ・ドゥモンディはネジュマたちが海辺ではしゃぐ場面に言及している。

ネジュマたち登場人物と同じく、アルジェリアを離れる前は自身も大学寮で暮らしていたというメドゥールは「アルジェリアで学ぶ女子学生の多くは、大学構内に住めるように一生懸命働きます。それは勉強のためでもありますが、父親と兄に代表される家族のもとを離れて、束の間の自由を体験するためでもあります」と述懐。「私たちにとって寮は、自由を満喫できる場所でした。勉強もできましたが、ダンスをしたり、音楽を聴いたりすることもできました。当時は楽しい思い出ばかりなのです」と振り返った。

「パピチャ 未来へのランウェイ」は、10月30日に東京 Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開。

この記事の画像・動画(全21件)

(c)2019 HIGH SEA PRODUCTION - THE INK CONNECTION - TAYDA FILM - SCOPE PICTURES - TRIBUS P FILMS - JOUR2FETE - CREAMINAL - CALESON - CADC

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

絶対に完成させたかった、「パピチャ」キャストインタビューを収録した特別映像(コメントあり)
https://t.co/iLXw3iTsyF

#パピチャ https://t.co/hHOdSDXcyh

コメントを読む(1件)

関連記事

リナ・クードリのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 パピチャ 未来へのランウェイ / リナ・クードリ / シリン・ブティラ / アミラ・イルダ・ドゥアウダ / ザーラ・ドゥモンディ / ムニア・メドゥール の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。