東京フィルメックス最優秀作品賞、ペマ・ツェテン監督作「羊飼いと風船」1月公開

108

「轢き殺された羊」 のペマ・ツェテンが監督を務めた「羊飼いと風船」が、2021年1月22日に公開決定。ポスタービジュアルと予告編も到着した。

「羊飼いと風船」ポスタービジュアル

「羊飼いと風船」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全3件)

チベットの大草原で暮らす家族を通して信仰との向き合い方、牧畜民として生きる厳しさ、伝統的な役割を強いられてきた女性たちの選択が映し出される本作。劇中では子供たちのあるいたずらによって、家族の間にさざ波が起き始める。ソナム・ワンモジンバヤンシクツォらが出演。第20回東京フィルメックスでは最優秀作品賞に輝いている。

「羊飼いと風船」

「羊飼いと風船」[拡大]

YouTubeで公開された予告編には、羊飼いとして穏やかな日々を送っていた彼らの生活が、近代化によって変化していく様子が収められた。

「羊飼いと風船」は東京・シネスイッチ銀座ほか全国で順次ロードショー。

この記事の画像・動画(全3件)

関連記事

ペマ・ツェテンのほかの記事

リンク

(c)2019 Factory Gate Films. All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 羊飼いと風船 / ペマ・ツェテン / ソナム・ワンモ / ジンバ / ヤンシクツォ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。