吉高由里子が「きみのめ」横浜流星の魅力に注意喚起「かっこよすぎて倒れちゃうかも」

1545

きみの瞳(め)が問いかけている」の公開記念舞台挨拶が本日10月24日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、キャストの吉高由里子横浜流星、監督の三木孝浩が登壇した。

「きみの瞳(め)が問いかけている」公開記念舞台挨拶の様子。左から横浜流星、吉高由里子。

「きみの瞳(め)が問いかけている」公開記念舞台挨拶の様子。左から横浜流星、吉高由里子。

大きなサイズで見る(全17件)

事故で視力と家族を失った明香里と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁の純愛を描く本作。明香里を吉高、塁を横浜が演じた。そのほかキャストにはやべきょうすけ、田山涼成、野間口徹、岡田義徳、町田啓太、風吹ジュンが名を連ねる。

三木孝浩

三木孝浩[拡大]

横浜流星

横浜流星[拡大]

横浜からの提案によって全国225スクリーンへ同時中継が行われた本イベント。三木は「本作は韓国映画がオリジナルなのですが、日本版では男性が歳下の設定。雨に濡れた子犬理論のような、守ってあげたくなる感を出しました」と言い、「キャスティングに成功しましたね」と胸を張る。さらに「りゅう(横浜流星)は美少年キャラのような役が多いですが、今回はわざと汚しました。母性本能をくすぐるようなキャラにできたんじゃないか」とも語った。監督に自ら申し出て初めてパーマをかけたと話した横浜は「全部無頓着で小汚い感じにしたかった。監督が提案をいいねと言ってくださったので」と役作りを明かす。

視覚障害を持つ人に取材をして役に挑んだ吉高は、「メイクの仕方や街の歩き方を習いました」と回想。三木も当時を振り返り「吉高さんは外側の動きではなく、心持ちを知ろうとしていた。取材させていただいた方はすごく明るくフレンドリーに話してくださる方で、友達になっていました。でもその明るさの陰にある何かを感じたからこそ、劇中の涙を流すシーンでリアリティが出たと思う。そこをご覧いただきたいです」と述懐した。

吉高由里子

吉高由里子[拡大]

続いて互いが演じる役の魅力を尋ねられた吉高と横浜。横浜は「傷を負っていてもそれを周りに見せない明香里の芯の強さが魅力的」と答え、吉高は「塁は口数が少ないけど、明香里を思う優しさや気持ちが出ている。こういう人と出会ったら幸せなんだろうな」としみじみコメントする。さらに吉高は本作には横浜のさまざまな魅力が詰まっていると力説し、「横浜流星が好きな方はもっと好きになっちゃうから気を付けてね! かっこよすぎてぶっ倒れちゃうかも。みんな支え合っていきましょうね!」と会場に呼び掛けていた。

BTSからのメッセージが流れる様子。

BTSからのメッセージが流れる様子。[拡大]

中継カメラの位置を確認する横浜流星。

中継カメラの位置を確認する横浜流星。[拡大]

照れながらセリフを披露する吉高由里子。

照れながらセリフを披露する吉高由里子。[拡大]

イベント中には主題歌「Your eyes tell」を担当したBTSからのビデオメッセージが流されるシーンも。最近ボクシングを始めたと話したジョングクから「どれくらいトレーニングしましたか?」と聞かれた横浜は、「1カ月間くらいかけてやりました。いつでも教えます!」と答え、笑顔を見せる。最後に横浜は中継カメラに向かって劇中のセリフを言うことに。セリフ内の明香里の部分を「君」に変えて「俺が君を助けるから」とカメラに言い放つと、会場からは大きな拍手が起こる。さらに吉高も「男は顔じゃない、ハートだから」とセリフを披露し、観客を沸かせた。

「きみの瞳が問いかけている」は全国で公開中。吉高、横浜、三木のオーディオコメンタリーを聴ける副音声上映は11月6日にスタートする。

この記事の画像・動画(全17件)

関連記事

吉高由里子のほかの記事

リンク

(c)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (c)2020 Gaga Corporation / AMUSE Inc. / Lawson Entertainment,Inc.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 きみの瞳(め)が問いかけている / 吉高由里子 / 横浜流星 / 三木孝浩 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。