「魔女見習いをさがして」主人公の使うバッグ、サマンサタバサなど3ブランドから発売

687

魔女見習いをさがして」と一澤信三郎帆布、サマンサタバサ、MILKFED.のコラボバッグ3種類が発売される。

「魔女見習いをさがして」一澤信三郎帆布コラボバッグ(左 / 税込3万円)、サマンサタバサコラボバッグ(中央 / 税込3万1900円)、MILKFED.コラボバッグ(右 / 税込1万5400円)

「魔女見習いをさがして」一澤信三郎帆布コラボバッグ(左 / 税込3万円)、サマンサタバサコラボバッグ(中央 / 税込3万1900円)、MILKFED.コラボバッグ(右 / 税込1万5400円)

大きなサイズで見る(全23件)

アニメ「おジャ魔女どれみ」の20周年を記念した本作。子供の頃に「おジャ魔女どれみ」を観ていた3人の女性が、“魔法玉”による巡り合わせで出会うさまを描き出す。作中では、年齢や性格、境遇も異なるソラ、ミレ、レイカが、大人になって忘れてしまった大切なものを探すため、シリーズにゆかりのある場所を巡っていく。森川葵がソラ、松井玲奈がミレ、百田夏菜子ももいろクローバーZ)がレイカに声を当てた。

このたび劇中でソラ、ミレ、レイカが使用しているバッグが、3ブランドから発売されることが決定した。愛知県出身の大学4年生・ソラが使用するのは、創業115年を超える京都の老舗かばんメーカー・一澤信三郎帆布のリュック。映画オリジナルカラーの若草色で、職人が1つひとつ手作りしている。東京と宮城のLB POP-UP THEATERで、税込3万円での販売。12月1日から東映アニメーションオンラインショップでも予約受付が開始される。

東京の一流貿易商社に務めるキャリアウーマン・ミレが使用しているのは、サマンサタバサのシリーズ“サマタバトート”。このたび「おジャ魔女どれみ」の見習いタップ風デザインのサークルポーチ付きで商品化された。税込3万1900円で、10月12日正午からサマンサタバサオンラインショップの先行予約がスタート、11月13日から対象店舗にて販売される。詳細は「おジャ魔女どれみ」コラボ特設ページで確認を。

そして広島県出身のフリーター・レイカはMILKFED.のリュックを使用。コラボ商品には、「おジャ魔女どれみ」モチーフのチャームが付属する。税込1万5400円で、11月13日にオンラインストアや対象店舗で発売。「おジャ魔女どれみ」コラボ特設ページは11月13日正午に公開される。

なお3ブランドからは、コラボバッグ以外にもミニトートバッグ、チャーム、Tシャツなどが発売される。

佐藤順一鎌谷悠が監督した「魔女見習いをさがして」は11月13日より全国ロードショー。

この記事の画像・動画(全23件)

関連記事

森川葵のほかの記事

リンク

関連商品

(c)東映・東映アニメーション

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 魔女見習いをさがして / 森川葵 / 松井玲奈 / 百田夏菜子 / ももいろクローバーZ / 佐藤順一 / 鎌谷悠 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。