玉木宏に全力ビンタされた志尊淳、記憶を失う?「極主夫道」インタビュー到着

567

10月11日にスタートするドラマ「極主夫道」より、キャストの玉木宏川口春奈志尊淳のインタビューコメントが到着した。

左から川口春奈、玉木宏、志尊淳。

左から川口春奈、玉木宏、志尊淳。

大きなサイズで見る(全8件)

「極主夫道」

「極主夫道」[拡大]

本作は、元極道のスーパー専業主夫・龍の日常を描く任侠コメディ。玉木が龍役、川口が妻の美久役、志尊が龍の元舎弟・雅役で出演する。クランクインから約1カ月が経ち、ペースがつかめてきたという玉木。「最初の頃は手探りでしたし、僕の演じる龍は何事にも全力なキャラクターだから、怒鳴りすぎてのどがつぶれかけましたけど(笑)。それにも慣れ、きっと面白い世界観になると手ごたえを感じています」と語る。

「極主夫道」

「極主夫道」[拡大]

印象的だったシーンを聞かれると、玉木は龍と雅の関係に触れ「兄貴と弟分という関係性はこの作品の肝になると思っていたんです」と述べ、「志尊くんはかなり体を張ってくれていると思います。先日も100%の力で思いっきりビンタさせてもらったんです。そんなことなかなかないですが、これは行くしかないだろうと(笑)」と裏話を披露。志尊は「あれはヤバかったですね。雷が落ちてきたみたいな感じで、0.5秒ぐらい記憶を失っていました(笑)。人生で一番キレのあるビンタをされたと思います」と振り返り「以前、瑠東東一郎監督とご一緒したとき、僕がたたかれるときの顔が気に入ったみたいで。だからなんですかね」と続けた。

左から川口春奈、玉木宏、志尊淳。

左から川口春奈、玉木宏、志尊淳。[拡大]

志尊の話に「確かに私も雅が殴られているところを見て、なんか愛らしいなと思いました」と同意した川口は、「外だとにぎやかなことが多いドラマなんですけど、家の中では意外とほっこりしていて。家族3人で過ごすところが、気に入っていたりします」と明かす。最後に、玉木は本作の見どころを「日常と非日常の面白さがミックスされたドラマだと思っています。日常的な部分もあるからこそ共感してもらえる部分があるし、もしかしたら本当にこういう世界があるのかなと思えるような、妙な説得力がある」と紹介。川口は「登場人物全員がチャーミングで、愛おしく、まっすぐ生きているドラマです」と、志尊は「バカだなコイツらと思いながらも、明日からまたがんばろうという気持ちになっていただきたいです」とアピールした。

「極主夫道」は日本テレビ系で放送。古川雄大、玉城ティナ、白鳥玉季、滝藤賢一、竹中直人、稲森いずみもキャストに名を連ねた。

日曜ドラマ「極主夫道」

日本テレビ系 2020年10月11日(日)スタート 毎週日曜 22:30~23:25

この記事の画像(全8件)

関連記事

玉木宏のほかの記事

リンク

関連商品

(c)日本テレビ

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 玉木宏 / 川口春奈 / 志尊淳 / 瑠東東一郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。