ベトナム人技能実習生の苦悩描く「海辺の彼女たち」、東京国際映画祭で日本初上映

394

藤元明緒の監督作「海辺の彼女たち」が、第33回東京国際映画祭のワールド・フォーカス部門に選出。日本で初上映される。

「海辺の彼女たち」ビジュアル

「海辺の彼女たち」ビジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

「海辺の彼女たち」

「海辺の彼女たち」[拡大]

「僕の帰る場所」で知られる藤元の新作となる本作は、技能実習生として来日したベトナム人女性労働者たちの苦悩を描く作品。不当な扱いを受け職場から逃れた彼女たちが、ブローカーを頼りに新たな職を求めて雪降る港町にたどり着くさまを映し出す。日本・ベトナムが共同製作し、9月18日から26日にかけてスペインで開催された第68回サンセバスチャン映画祭ではワールドプレミア上映が行われた。

日本で暮らすミャンマー人家族の姿を描いた前作「僕の帰る場所」は、第30回東京国際映画祭アジアの未来部門で作品賞含む2冠を達成。藤元の作品が同映画祭へ出品されるのは2度目となる。なお今回の発表にあわせ、YouTubeでは特報も公開された。

第33回東京国際映画祭は10月31日から11月9日にかけて東京・六本木ヒルズ、EX THEATER ROPPONGIほかで開催。「海辺の彼女たち」は2021年に公開予定だ。

この記事の画像・動画(全4件)

関連記事

藤元明緒のほかの記事

リンク

(c)2020 E.x.N K.K.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 海辺の彼女たち / 藤元明緒 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。