ギャスパー・ノエ新作「ルクス・エテルナ」予告、舞台は魔女狩り描く映画の撮影現場

530

ギャスパー・ノエが2019年に発表した51分の中編「Lux AEterna」が、「ルクス・エテルナ 永遠の光」の邦題で11月20日より東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋で公開。予告編がYouTubeで解禁された。

「ルクス・エテルナ 永遠の光」ポスタービジュアル

「ルクス・エテルナ 永遠の光」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全3件)

サンローランのクリエイティブディレクターであるアンソニー・ヴァカレロが「さまざまな個性の複雑性を強調しながら、サンローランを想起させるアーティストの視点を通して現代社会を描く」というコンセプトでスタートさせたアートプロジェクト「SELF」。その第4弾として製作された「ルクス・エテルナ 永遠の光」は、2019年のカンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニングで上映され、賛否両論を巻き起こした。

映画の舞台は、魔女狩りを描く映画の撮影現場だ。女優、監督、プロデューサー、それぞれの思惑が交錯し、現場は徐々に収拾のつかない混乱状態へと陥っていく。「ニンフォマニアック」のシャルロット・ゲンズブールと「ベティ・ブルー」のベアトリス・ダルが、それぞれ本人と同名の役で主演を務めた。そのほかアビー・リー・カーショウやミカ・アルガナラズ、ルカ・アイザック、ポール・ハメリンといったトップモデルが出演している。

予告はシャルロットとベアトリスが分割された画面の中で、火あぶりについて会話するシーンから幕開け。赤、緑、青の光が高速で明滅し、磔にされた2人が叫び狂う様子なども確認できる。混沌編と題したバージョンでは、カール・テオドア・ドライヤーが魔女狩りの横行する中世を描いた映画「怒りの日」の映像が引用された。ポスターには「ようこそ、混沌と狂気の撮影現場へ」というコピーが添えられている。

「ルクス・エテルナ 永遠の光」は特集上映「のむコレ2020」の1本として上映。なお配給は「光に対して敏感なお客様がご覧になられた場合、光の点滅が続くなど、光感受性反応による諸症状を引き起こす可能性のあるシーンが含まれております。ご鑑賞いただく際には予めご注意ください」と鑑賞上の注意を促している。

※「Lux AEterna」の「AE」はラテン文字の合字が正式表記

この記事の画像・動画(全3件)

関連記事

ギャスパー・ノエのほかの記事

リンク

(c)2020 SAINT LAURENT-VIXENS-LES CINEMAS DE LA ZONE

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ルクス・エテルナ 永遠の光 / ギャスパー・ノエ / シャルロット・ゲンズブール / ベアトリス・ダル の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。