ジョーン・ジェットのドキュメンタリー、プレミア上映の盛況に応えて単独公開が決定

204

音楽ドキュメンタリー「ジョーン・ジェット/バッド・レピュテーション」が単独公開されることが決まった。

「ジョーン・ジェット/バッド・レピュテーション」ポスタービジュアル

「ジョーン・ジェット/バッド・レピュテーション」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全14件)

「ジョーン・ジェット/バッド・レピュテーション」

「ジョーン・ジェット/バッド・レピュテーション」[拡大]

9月より東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋で実施中の、アンダーグラウンドなロックドキュメンタリーを上映する特集「UNDERDOCS」で日本初公開された本作。満席立ち見で大盛況のプレミア上映を終え、鑑賞できなかった観客から多数のリクエストがあり、急遽単独で公開される運びとなった。

「ジョーン・ジェット/バッド・レピュテーション」

「ジョーン・ジェット/バッド・レピュテーション」[拡大]

1970年代に人気を博した女性5人組バンド、ザ・ランナウェイズの元中心メンバーであり、2015年にはロックの殿堂入りを果たし、現在もジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツとして音楽活動を続けるジョーン・ジェット。本作ではギターを手にした幼少期から現在に至るまで、彼女の半生に迫る。

本人のほか、ザ・ランナウェイズの元メンバーであるサンディ・ウェストとシェリー・カーリー、イギー・ポップ、ドン・ボールズ(ジャームス)、ビリー・ジョー・アームストロング(グリーン・デイ)、アダム・ホロヴィッツビースティ・ボーイズ)、キャスリーン・ハンナ(ビキニ・キル)、イアン・マッケイ(フガジ)、ピート・タウンゼントザ・フー)、マイリー・サイラス、アリソン・モシャート(ザ・キルズ)ら多数のミュージシャンが出演。ザ・ランナウェイズの伝記映画でジェットを演じたクリステン・スチュワート、「愛と栄光への日々/ライト・オブ・デイ」でジェットと共演したマイケル・J・フォックスも登場する。YouTubeでは予告編が公開中だ。

「ジョーン・ジェット/バッド・レピュテーション」はシネマート新宿で10月30日より2週間、シネマート心斎橋で11月6日より1週間上映。ほかでも順次公開される。

この記事の画像・動画(全14件)

関連記事

ジョーン・ジェットのほかの記事

リンク

(c)2018 Bad Reputation LLC

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ジョーン・ジェット/バッド・レピュテーション / ジョーン・ジェット / イギー・ポップ / デボラ・ハリー / ジャームス / ビリー・ジョー・アームストロング / アダム・ホロヴィッツ / ビースティ・ボーイズ / イアン・マッケイ / ピート・タウンゼント の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。